家作りに関する情報や、地元のお得な情報などを掲載しております

ローコストの家VSマルコーホーム

ブログカテゴリ: 家づくり

おはようございます!

 

今日も暑くなりそうですね~

 

水分、塩分を忘れずに無理はし過ぎず、がんばりましょうね!!

 

 

皆さんは、こんな現実をご存知ですか??

 

「自分が生涯をかけて建てた家が40年経って、自分の子供や孫に壊されている」

 

家が40年で建て替えるほどのものになってしまっているということです。

 

40年くらいで家を建て替えるのは、先進国では日本だけだそうです。

 

悲しい現実ですね。

 

昔のお家は、どんなに年月が経っても「劣化」ではなく、お手入れをすればするほ

 

ど、お家は「美化」していったものなのに・・・

 

40年でダメになってしまう現実を先導している1つが、ハウスメーカーだと思い

 

ます。(キャークレーム来たらどうしよう!!!でもわたしは、そう思う!!!)

 

ハウスメーカーって従業員もたくさんいるし、会社としては建て続けなくてはなら

 

ないのです。そのためと言っていいかわからないけど、ローコストの家を売り出す

 

ことも多く、快適な家のわけがない。

 

でも、前のブログで書きましたが、そんなところで建てる人がいるわけです。

 

日本人特有の考えで、有名なところ、CMしてるから、大手だから失敗しなそう!!

 

と思うんですね。

 

でも実際、ローコストの家を建てるハウスメーカーは、地震で家が倒れていたんで

 

は信用がなくなるから耐震性能ははっきり言って良いです!ただそれ以外は安いも

 

のになってしまいます。

 

だから、もたないんですね~

 

1つの例えで見ると、フローリングと無垢材の床を比べるだけでもわかります。

 

フローリングと無垢材の10年後を写真で見てみましょう。

 

 

 

上の写真がフローリング、下が無垢材です。

 

こう見るとわかりやすと思いますが、無垢の床は「経年変化」であって「経年劣化

 

ではなく、むしろ「経年美化」だと思います。

 

お手入れさえすれば、むしろ艶まででて「素晴らしい使用感」がでます。

 

逆にフローリングはお手入れのしようがなく、劣化したら修理しかないです。完全

 

に「劣化」「壊れた感」ですよね。

 

お家を買うときはみんな先を考える人は少ないです。

 

でも10年、20年でかなりの差がでます。一方はただただ年をとり古びた壊れた感。

 

もう一方は艶を増し重厚感がでてさらに素敵になる。

 

住んでる人も想像してみてください。

 

家に長くいることになる頃に、劣化した壊れたい家で過ごすのと、より素敵になっているお家

 

で過ごすのとだったらどちらがいいですか??

 

歳をとってから、壊れた家、または修理代に追われ自分の身の回りに手が回らないおじいちゃ

 

んおばあちゃんになるのか、古いけどみんなが憧れるきれいにしているお家にすむおばあちゃ

 

んおじいちゃんになるのか・・・

 

どちらがいいですかね??

 

マルコーホームの家づくりは断然「経年美化」していくおうちです!!!!

 

お家に住む人に寄りそう優しいお家を作ることができます☺

 

ぜひ、コンセプトルームをみにきてくださいね!

 

 

yoko

 

 

 

 

ページの先頭へ