家作りに関する情報や、地元のお得な情報などを掲載しております

図面では入るけど、実際には・・・?

ブログカテゴリ: 家づくり

家づくりに欠かせない図面。

平面図・立面図・敷地配置図など。

図面には、寸法が記載されています。

 

 

私がこの仕事に携わって間もないころ、

「図面上では入るけど、実際には入らない」

という言葉を聞きました。

???

どういうこと?

と、不思議に感じたのを覚えています。

 

 

それは、

記載されている寸法が、

どこからどこまでの寸法か?

ということで、

通常ですと、

柱の芯から柱の芯までの寸法が記載されていることが多いのです。

 

 

マルコーホームでは、

120㎜の柱を使います。

壁下地は、10㎜の下地材があり、その上に12.5㎜のプラスターボードを貼ります。

なので、

例えば、壁と壁の間が、910と書かれていた場合、

有効開口巾は、下地の段階で、745㎜になり、

その下地の上に仕上げ材が重ねられるので、

実際745㎜より少し狭くなるということです。

 

 

建築に携わる者にとっては、

ごくごく普通のことだそうなのですが、

当時の私には、???な言葉でした。

 

 

家って、とても大きな造作物なのですが、

1㎜がとても大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ