家作りに関する情報や、地元のお得な情報などを掲載しております

色が与える感情…

ブログカテゴリ: 家づくり

みなさん、こんにちは🌸

 

あったかいのか寒いのか、陽が当たる当たらないで

 

温度差があるように思えます。

 

人は色からも「暖かい」「寒そう」「さみしそう」

 

「つめたそう」と感じます。

 

それは視覚から、脳へと伝わり感情が生まれます。

 

壁紙で見てみましょう👀

 

 

 

 

この画像は壁紙だけ違いますが、まったく印象が

 

ちがうと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

壁紙だけでも違うのに、小物、照明が加わると

 

全く違う印象です。

 

 

【赤】警戒心、注意力を喚起し、人間の感情的興奮

 

や刺激をもたらす。赤は色の中で最も長い波長を持

 

ち、交感神経に刺激を与え体温•血圧•脈をあげる。

 

【オレンジ】楽天的な印象をあたえ、陽気にみえる。

 

消化、新陳代謝をよくする作用があるため、食欲を

 

増進させる。血管や自律神経を刺激し身体を活動的

 

にする。

 

【黄】明るさや希望を与える。運動神経を活性化さ

 

 

集中力がアップする。

 

【緑】情緒の安定、安心感の増加。身体を癒す色。

 

筋肉の緊張をほぐし、リラックスさせてくれる。

 

また、筋肉や骨その他組織の細胞を作る力を促進

 

したり、暖和効果があるので血圧を下げる。

 

 

【青】爽快感、冷静を与える。鎮静作用があり、

 

精神的に落ち着かせる作用がある。体温の低下、

 

痛みの暖和などの作用もある。

 

【紫】高貴さ優雅さを表す。集中力アップ、鎮

 

静効果。リンパ管や心筋、運動神経の働きを抑

 

制する。

 

【黒】力強さ、高級感を与える。相手を威圧し、

 

力を象徴する。

 

【白】純潔さや純真さを表す。過去を清算してリ

 

セットする色。

 

(関連記事より:Amazonを成功に導いたユーザー

 

を夢中にさせる4つのUXデザイン要素)

 

 

 

色の印象だけではなく、色が違うだけで狭く感じ

 

たり、広く感じたりもします。

 

色はただの色でしょう?と思う方もいると思いま

 

すが、色は人の心や気持ちに大きく影響している

 

と思います。

 

お子さんが巣立っていった、お子さんが生まれ空

 

き部屋を子供の部屋・・・というときに、壁紙を

 

変えるだけで見違えるかもしれません。

 

ちょっと気分を変えたいっていうときにも、いい

 

かもしれませんね♪

 

 

yoko

 

 

 

  1. マルコーホーム過去ブログ
ページの先頭へ