家作りに関する情報や、地元のお得な情報などを掲載しております

被災ローンとは?!

ブログカテゴリ: ワークショップ, 家づくり, 日々のこと

皆さん、こんにちは。

 

香取市は災害がそんなにない地域だとおもっています。

 

うん十何年生きてきて、災害らしい災害の記憶は小学生の時、台風で黒部川が氾濫し

 

て床下浸水になったぐらいですかね??

 

でもここ最近は、過去にこんな災害がないところが…こんなことになるとはおもわな

 

かった!!っていう災害が多いのです。

 

昨日かいたブログで地球が危険なことは書いていますが。

気候危機なんです。↓

 

 

ゴミは10㎏200円になる

 

 

なので、この先もっと異常な暑さにもなるだろうし、台風、雨での災害も多くなるこ

 

とでしょう。

 

3.11の大地震やその後の各地での被災した方の情報って、時と共に報道されなく

 

なりなんでもない地域で暮らしている人にとったらもう記憶にもないのでしょうね。

 

来年はオリンピック!!と騒がれていますが、先が見えなく不安な気持ちでいる人が

 

気持ちよくテレビを見ていられるのかな?!応援したい!元気になって欲しい!!と

 

いう想いもあるのかもしれないけど、不安がぬぐわれないで楽しむのは難しいのでは

 

?!とわたしは考えちゃいます。

 

そう思うのには理由が・・・

 

3.11の津波で家を無くした方、台風や災害で家を無くした方の中には、新築やリ

 

フォームで住宅ローンを支払っていた方も多いはず。

 

自分で建てた家が全てまるごと無くなってショックなところに、どこか賃貸するとな

 

ったら「二重ローン」になるわけです。支払いきついですよね!!!

 

わたしだったら泣いちゃうし、オリンピックしてるならもっと助けてよ!!と思っち

 

ゃうかも。

 

悲しい話だから報道はされていないけど、被災地での自殺者は絶えないそうです。

 

先が見えなくて生活も苦しくてなにもしてくれなかったら、社会に見捨てられたって

 

いう気持ちになって全てが憎くなってしまうかも。

 

それともその生活をそれなりに楽しんで過ごせるのかな~?!

 

昨日も九州で大雨の影響で、冠水したところの報道がされていましたよね。

 

水は汚水がまざっているかもしれないから、敗血症にならないように気をつける知識

 

も必要ですよね。

 

この辺は大丈夫だからではなく、地域で普段から防災について話しておけると被害の

 

大きさや結果が違う気がするんです。

 

私が住む地域では、地域の組織が結成され防災について小学校を巻き込みながら教え

 

てくれたりしました。「自分の身は自分で守る」です!

 

被災したからと言って、市、県、国の対応を待ってたんじゃ一番大変なときには何も

 

してもらえないので、数日間は地域で命を守れるようにしとくのが大事なことだと思

 

います。

 

3.11後は、どのご家庭も供えをして防災意識がたかかったのに8年もたつと意識

 

が薄れる。

 

でも、これからの季節は台風の時期になるので、もう一度防災を考えるいい時期なの

 

かと思います。

 

話はそれましたが、「二重ローン」=「被災ローン」の話です。

 

自然災害で家を無くしたのに住宅ローンだけ残り、また賃貸したり、再建するのにお

 

金がかかることを「二重ローン」というのですが、それを救済する制度があるのをご

 

存知ですか?

 

被災地でこの制度を知っているかアンケートをとったところ、65%の人が知らなか

 

ったようです。(私も知らなかった)

 

上手く説明する自信がないので、抜粋したものを貼りつけます。

 

大震災や自然災害によって自宅が崩壊して、住宅ローンだけが残ったらどうする?

 

返済が苦しければ、私的整理ガイドラインで減免を

 

長期の住宅ローンが一般化している日本では、災害によって自宅がなくなったにもか

 

かわらず、多額のローンだけが残ったり、自宅再建のために新たにローンを組むこと

 

でローンが多重化することが、起こりやすい。

 

災害時には被災者生活再建支援法による住宅再建などのための給付金(最大300万

 

円)は出るが、大きく壊れた家を修復、あるいは解体後に新築するにはあまりにも不

 

十分だ。災害時の低利融資制度もあるが、結局は債務を増やすことになるので、被災

 

者の負担軽減にはなりにくい。

 

 通常、処分する財産がなくなり、住宅ローンの支払いもできなくなった場合、考え

 

られるのは自己破産だろう。自己破産が認められれば、住宅ローンは大きく減免され

 

る。しかし、自己破産は本人にとってダメージが大きく、立ち直るにも時間がかかる

 

。本人だけでなく、地域経済の復旧にも大きな影を落とすことになる。

 

 では、大規模災害に巻き込まれたらどうすればいいのか。東日本大震災で頼みの綱

 

として期待されたのが、支払いに苦しんでいる人の被災ローンを減免できる制度、「

 

個人債務者の私的整理に関するガイドライン」(個人版ガイドライン)

 

https://diamond-fudosan.jp/articles/-/120514

 

この制度はすごいものですよ!

 

住宅ローンがすごい額が免除され、手元には500万を持っておけるという・・・

 

知っとくだけで、被災した時に心の持ち方も違うと思います。

 

「知識は財産」だとわたしは思っています。

 

皆さんも、自分のことだけではなくいろんなことに関心をもつといつかは自分を救う

 

ことになるとおもいますよ(o^―^o)

 

でも、このブログを読んでくださっているみなさんなら、柔軟性もあり知識が豊富だ

 

と思うから大丈夫ですね☆

 

じゃないとこんないろんなジャンルをかくブログを見てくださるはずがない!!

 

柔軟性がない人だったら、なんだこのブログの内容は!!支離滅裂じゃないか!!!

 

って怒ってみないはず・・・(笑)

 

自分でもいろいろ思うことはあるんですが、、、自分が感じたことしか書くことが出

 

来ない和田なので、今後もこんな感じで更新していきます。

 

おいおい!あまりにもこれは!ってな場合には、和田にこっそり教えてくださいね。

 

反省はします。ただ感じたこと、思ったことしか書けないので路線変更は希望にはそ

 

えないかも・・・・

 

 

明日はまた雨模様のようなので、みなさん体調には気をつけてくださいね☆

 

 

ちなみに来週、9/3㈫はワイヤークラフトがあります☆

 

ぜひ、ご参加ください☺

 

 

 

yoko

ページの先頭へ