家作りに関する情報や、地元のお得な情報などを掲載しております

妊婦さん、またはそのご家族の方、香取市に住む皆様に

ブログカテゴリ: イベント, すべての女性を応援し隊

みなさん、こんにちは。

 

 

台風から2週間たちますが、いまだ房総のほうは停電している箇所もあり、

 

なんとかはやく気もちが穏やかになって欲しいと願うばかりです。

 

全国から自衛隊や電気関係者の方が、千葉県に集結して下さっていますが、

 

その方々の疲労も見え始めているようです。

 

朝も夜も関係なくずっと作業をして体もつかれているところに、休憩して

 

いると、休憩なんかしているなら早く直せ!!と心ない言葉をかけられる

 

そうで心が折れそうだという話も聞きました。

 

人と人をつなぐのは思いやりなのに・・・余裕がないと人には優しくでき

 

ないものでも、聞いてて胸が痛くなりました。

 

 

 

 

 

停電の長かった箇所は、やはり倒木が多く作業が困難だったようです。

 

杉の倒木が長期停電の一因?!

 過去の記事にも書きましたが、自然災害は誰が悪いとかではないけど、各

 

機関がちゃんと機能しなくては今回のように支援が遅くなり大変な想いを

 

するのです。現状を把握して適切な対応をするという意味では、知事は役

 

目を果たしていなかったのでは?と個人的には思います。

 

知事にしても、市の対応にしても、個々思うことは今回の件であったと思

 

いますがその知事や、議員にしても選んだのは私たちなのです。

 

そんなことも含め、私が一番強く思ったことが・・・・

 

「自分の身は自分で守る!!」ということです。

 

人をあてにしてたのでは、自分の身は守れない。

 

実際、数日間ずっと救急車のサイレンが鳴り響いていました。

 

こんな時は誰のせいにしてても命は守れません。

 

地域でのコミュニケーションが大事になりますね。

 

以前より、企画していたイベントの意味がこの先あるような気がして、こ

 

れを読んでる方には考えていただきたいな~と思います。

 

企画していたイベントというのは、会社とは関係がないのですが・・・

 

(この「想い」には賛同してくれて応援してくれています)

 

どうしたら女性が安心して住める香取市になるかをいつも一緒に考えてい

 

る友達と、出産についてのイベントを企画しました。

 

 

 

香取市に現在、出産や産前産後を見てもらえる医療はありません。

 

自分はもう子供産まないしいいや!ではないのです。今は隣町や少し足を

 

延ばせば出産できる病院がありますが、自分の娘や、お嫁さんが出産する

 

ころには今よりひどい状況になっているかもしれません。

 

ましてや、こんな災害時、妊婦さんなんかは人一倍不安で、体調も崩した

 

かもしれない。

 

でももし、香取市にも助産院や助産師さんがそこにあったなら、妊婦さん

 

や産後のお母さんの安心する場所があったのかも・・・

 

避難所に行くって言っても、妊婦や産後のお母さんはたくさん気をつかわ

 

ないとならないことがあるだろうし、もし専用の避難所があったら専門知

 

識がある人が居るだけで安心だし、ミルク、おむつ必要な物が早急に手に

 

入ったかもしれない。

 

本当に考える時期にきていると思います。

 

私もつい最近まで、市長や議員さんに理解してもらいたい!!と思ってい

 

ましたが、間違ってるかもしれないと思いました。

 

私たち香取市に住む人に、知ってもらって考えることが大事なんだと。

 

住む人が何が必要で、どうしたら住みやすくなるか考えることが大事なん

 

です。

 

だれかやるからいいよ!では何も変わらないのです。

 

私たちからうごいていこう!!!とおもって活動しています。

 

もし興味がありましたら、ぜひご参加ください。

 

ちなみに@chihophotoさんの写真展もありますので、ぜひ遊びに来てく

 

ださい。

 

 

 

 

 

 

詳しくは 「香取市産前産後ケア施設作りプロジェクト」で検索してくださいね。

 

女性が笑っていれば、世の中は明るい!!!!

 

yoko

 

 

 

 

 

 

 

「隠れ停電」とは・・・

ブログカテゴリ: 家づくり, 日々のこと

みなさん、こんにちは。

 

今週の三連休は、また台風17号がくるようです。

 

直撃ではなさそうですが、大型とされているし、地盤が緩んでいたりするので

 

今日にでも家周りをもう一度確認したほうがいいですね。

 

私のお家周りは竹に囲まれていて、風を遮ってくれたりしているのですが、こ

 

の前の台風で、竹が少し傾いて倒れてきてるので、帰ったら伐採しようと思い

 

ます。

 

普段から家周りも防災の面を考えて、整理できてると安心ですよね。

 

 

 

 

香取市もながく停電になっているところがありましたが、八街市、山武市では

 

倒木が多く、なかなか作業がいまだに進まないようです。

 

香取市でも子供の通学路で、倒木した木が電線に倒れ掛かっているのですが、

 

見るたびに電線が弛んできていて、毎日ドキドキしながら通っています。

 

 

 

全国から、電気関係者や自衛隊が 援助してくいれていますが、ひどいとこ

 

ろが優先になってしますのでしょうが、通学路ともなると心配でなりません。

 

電線に寄り掛かった木の処理は、木材を扱う人だけでは処理ができないよう

 

です。電気関係者の元作業しなくてはならないので、セットで居なくてはな

 

らないそうです。

 

なかなか難しい作業ですよね。

 

マルコーホームでも木が家に倒れてきたというお電話も頂いていますが、や

 

はり電気関係の方の処理が先になったりするので手を出すことができないで

 

います。日頃からお家を守るために環境を整えることがやはり必要になりま

 

す。

 

 

そして、停電も香取市は解消したことになっていますが、「隠れ停電」とい

 

うものがあるそうなので、停電でお困りの方は市役所へ連絡をしてみて下さ

 

い。

 


東京電力の停電情報システムで認識できる範囲のイメージ画像

 

9月20日午前9時30分現在 市内に停電は発生していません

 

現在の停電状況は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京電力パワーグリッド(TEPCO)のサイト(外部サ

 

イト)でご確認ください。

 

個別の停電は連絡を

 

東京電力の停電情報システムでは数軒から数十軒程度に接続されている低圧

 

線、ご自宅への引込線などで異常がある場合は認識ができません(下のイメ

 

ージ画像を参照)。

周辺が通電しているのに、1軒・数軒のみ停電している場合は、上記のよう

 

な異常が考えられるため、下記の「東京電力お問合わせ先」に連絡ください。

東京電力につながらない場合、市から東京電力へ報告しますので香取市役

 

所秘書広報課へ連絡ください。

 

連絡先

  • 東京電力お問合わせ先 電話:0120-995-007
  • 有料のお問合わせ番号 電話:03-6375-9803

東京電力お問合わせ先につながらない場合

香取市役所秘書広報課 電話:0478-50-1204

 

 

農業で被害を受けた方も、香取市のホームぺージはチェックしたほうがい

 

いです。

 

和元年台風15号で被災した農業者の皆様へ

 

更新日:2019年9月17日

 

台風15号による被害対応について

 

令和元年9月9日未明から朝にかけて千葉県を通過した台風15号により、被

 

害にあわれた農業者の皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

今回の台風15号の被害が甚大であることから、今後、国の被災農業者向け

 

補助事業が発動される可能性がありますが、現時点は、不確定な部分が多

 

くなっています。

今後、被災農業者向け補助事業等の情報につきましては、判明次第、市ホ

 

ームページ等にてお知らせいたします。

(注釈)9月17日午後5時現在

 

被災状況の写真や修繕等に係る領収書等の保存について

 

今後、被災農業者向け補助事業が発動され、かつ、補助対象に該当された

 

場合には、その申請時に被害状況を証明する必要があります。

撮影日や撮影箇所がわかるようにデジカメ等で被害状況を、遠景を含め、

 

様々な角度から複数枚撮影し保存するとともに、施設の修繕等をされる場

 

合には、内訳等の支出内容が記載された領収書、請求書及び納品書等を保

 

管してください。

 

 

 

 

まだ、国から発動は決定してないようですが、もし発動した場合のために

 

、用意しておいた方がいいように思えます。

 

農業されている人で、パソコンが苦手な方も多いと思うので、こういうの

 

が、国から発動するかもしれないよ!!ともし話せるときがあったら教え

 

てあげて欲しいです。

 

 

日常に戻っても、片づけに追われたり、疲れが取れなくて日々大変ですが、

 

助け合ってがんばりましょうね。

 

yoko

杉の倒木が長期停電の一因?!

ブログカテゴリ: 家づくり, 未分類

皆さん、こんにちは。

 

香取市は停電は解消されたようですが、まだまだ近くの多古町や八街市では停電が

 

続いているようです。

 

今回、停電が多かった場所を見ると比較的、木が多いように思えます。

 

実際、多古町を通ると電線に倒木した木がもたれかかっている箇所を何か所かみま

 

した。

 

今回の長期停電の一因として「杉溝腐れ病」による倒木が原因とも言われ、テレビ

 

でも特集されています。

 

 

 

テレビの特集で、監修したかたのブログより「杉溝腐れ病」についてかいてあるの

 

で、抜粋します。

 

杉 溝腐れ病について:森林行政の怠慢が遠因の災害】

2019年09月13日 | 日記
豊増洋右さんのFB投稿より

停電復旧が長期化しているのは、電力会社の責任というよりも、やはり行政の責任が

大きいと感じる。

今回、おびただしい数の倒木を処理していて、はっきりわかってきたのは、千葉県の

森林における「溝腐れ病」が、災害をここまで深刻にしているということ。そして、
この問題を認識しておきながら、長年放置してきた森林行政、環境行政の怠慢が、電
源復旧をここまで難しくしているということの責任をまだ当事者たちがまったく認識
していないこと。

1枚目の写真。詳しい方はピンとくるかと思いますが、今回の倒木に多い、溝腐れ病

にかかった杉の木。そして2枚目以降、森林の中腹で途中から折れている杉林。強風
によって倒木がおきるなら、ふつうは風当たりの強い道路沿いとか周辺部が、根こそ
ぎ倒れるはずなのに、森林の中央部が、それも木の途中でポキっと折れる形でなぎ倒
されています。これは、間伐をしていない放棄森林で日の当たらない内側ほど木が軟
弱で、風通しが悪いために溝腐れ病が蔓延してしまい木がもろくなっているというこ
と。

これが何故行政の責任なのか?

もともと千葉県の杉林は「山武杉」という銘木でしたが、これらを大量植林するとき

に「挿し木苗」で造林していきました。ところが、この山武杉は溝腐れ病に非常に弱
いことが後からわかり、実生(みしょう)ではなく、クローンである挿し木で増やし
ていったために、千葉県中の森林がことごとく溝腐れ病にかかり、芯が真っ黒で、樹
齢が伸びるにしたがって断面が円形からハート形に食い込んでいく、「材としてまっ
たく価値のない」森林になっていってしまいました。

材として価値がないために、間伐、伐採が数十年間行われず、林業も崩壊し、溝腐れ

病にかかった大量の放棄山林が生じてしまったのが千葉県の山林の現状。

しかしながら都心に近いために投機目的で、あるいは相続登記の際に地元以外の所有

者にこまかく所有が別れてしまい、道路沿いや架線沿いであっても持ち主がはっきり
わからない森だらけになり、管理しようにも管理のしようがない。もちろん、持ち主
、山主は手入れをしないから、けっきょく沿線を管理する市町村や、町会などが、通
行に影響が出る部分だけをかろうじて管理する、という形で、長年維持されてきた。

今回の台風15号は、そうした非常に脆い森林を襲い、各地でおびただしい数の倒木を

生じ、架線修復を長引かせ、停電を長期化させています。これは、電力会社の幹部を呼
びつけて復旧を急がせるだけでは済まないのです。このような危険な森林を放置してき
た、行政の責任。

をまだどの専門家の方も指摘されていないようなので、指摘しておきます。今回の停電

、状況を深刻にしているのは倒木による架線損壊だということがようやく報道されるよ
うになってきましたが、その根本原因が行政にあることにはまだ気づいておられないよ
うです。今回、倒伏はしなかったけれど、今後、ちょっとした風で倒れそうな危険な木
もたくさんあります。それらもいま処理しておかないと、毎回このような大規模停電を
起こすことになりかねません。

僕らは明日も、チェーンソーを持って、とにかく倒木処理にあけくれます。本来は山主

であったり、町会であったりがすべき箇所もたくさんありますが、高齢化の進んだ中山
間地域ではそれは望めません。動ける人間が動くしかないんです。そもそも高齢の山主
さんたちは、この停電を生き抜くだけでせいいっぱい。やれる人間がやるしかないんで
す。

ただ、上記の問題提起と、根本原因の解決は、僕らにはできません。そのために政府と

政治があるんじゃないですか。

という内容なのです。

このブログでも災害前に倒木についての記事を書きましたが・・・

 

 

森林

 

 

災害前から、少しの雨で倒木していた場所はやはり真ん中からポッキリ折れていたり

 

と、また台風があったらもっと倒れてくるんだろうな~という状況です。

 

行政をあてにしないで自分たちの身は自分で守れるようにできないんでしょうか?

 

実際、私がきにしている倒木の場所は、県の土地と私有地が混在している場所で、市

 

としても手を出せないというお返事でした。 

 

この先、温暖化の影響で台風は大きくなるばかりのようなので、これを機に地域にす

 

む方で考えていかなければならない問題のような気がします。

 

まだ、日常生活に戻れない地域もあるので、自分にできることを考えて行動していこ

 

うと思います。

 

また、瓦や被害にあわれたおうちの修理も順次まわっております。

 

すぐに伺えないおうちもありご迷惑をおかけしていますが、もうしばらくお待ちくだ

 

さい。

 

yoko

台風から一週間・・・

ブログカテゴリ: お知らせ, 家づくり

皆さんこんにちは。

 

誰もがこんなにひどいと思っていなかった台風は、すごい爪痕を残して去っていきま

 

したね。

 

皆さんお怪我はなかったでしょうか?

 

まだ一週間たってもなお、停電している地区がありますが早く日常生活がいつも通り

 

になることを願っています。

 

台風が去ってからの二日間は、とても暑く寝苦しく身の危険を感じるほどでした。

 

この時代電気が必要不可欠になっているんだと痛感しました。

 

国はこれからキャッシュレス化を進めるようですが、電気が通らない場合はどうなる

 

んでしょうか?

 

今回の台風でいろんなことを考えたり、学ぶ機会となりました。

 

「電気はいち早く復旧する」っていう常識も覆されました。

 

3.11の震災以降、IHにしてオール電化にする方が多かったようですが、今回のよ

 

うに停電が長引くと逆に不便だったということを聞きました。

 

私の場合、トイレであたふたしました。

 

今の新しいトイレは、手動で20回は流せるようになっていて、トイレの脇にひもを引

 

っ張るスイッチがあるのです。

 

ただ、うちのトイレにはその機能がなかった・・・あると思い込んでいて最終的にお客

 

様センターに電話してないことを知りました。

 

なので勢いよく水を流しいれて流す方法で過ごしました。

 

こういうことも、事前に知っていると気持ちちがいますよね。

 

そして、日ごろから防災関連の本を図書館で借りて読んでいますが、防災に取り組み時

 

に「最初から完璧にすべてやろう!!」としない方がいいそうです。今すぐできること

 

として「何かあった時に備えて、早めにトイレに行くようにする」ということ。

 

え!?と思いましたが、大事なことですよね。昨日完全にきを抜いていて、トイレ行き

 

たかったけどしたいことを優先していたところ、3時間ほど停電再びで、あ~こういう

 

ことね~と身をもって知りました。

 

常日頃から、そんなことを習慣化しておくことが大事です。

 

いざって時に慌てず、おちついて行動できますもんね。

 

気持ち的にまだまだ、日常にもどることができないけど、今自分にできることからやっ

 

ていきたいと思います。

 

おうちの修理依頼、順次まわらせていただいています。

 

まだ、伺えていないおうちもありご迷惑をおかけしていますが、もうしばらくお待ちく

 

ださい。

 

 

 

yoko

皆様へ

ブログカテゴリ: お知らせ

みなさん、こんにちは。

 

台風でケガなどはされてないでしょうか?

 

台風の影響で、お客様の被害も少なくはなく、順次対応させて頂いております。

 

 

 

停電中ということもあり、このブログを見てる人もいないかもしれませんが、私が

 

昨日しった携帯にまつわるお話を。

 

 

”00000JAPAN”をご存知ですか??

 

災害時の無料WI-FIです。

 

WI-FIがあるコンビニやお店に行くと、誰でも使えるWI-FI。普段は有料のWI-F

 

Iサービスを提供している企業が、災害時に限って被災者の利便を図るために開放さ

 

れるそうです。

 

私は昨日知るまで、コンビニ物がないのに何でこんなに車が止まっているんだろう

 

??と思っていましたが、これを聞いて納得しました。

 

ただ、使うのには注意が必要です。暗号化されていないようなのでセキュリティ対

 

策が必要だそうです。

 

電気のない生活4日目。

 

電気のありがたみと、電気のない生活がもはやできなくなった現代。

 

電気は復旧が速いということが、くつがえされた今回。

 

通常の備え以外にも、必要な物もあるような気がします。

 

「自分の身は自分で守る」

 

きっと電線修理している方も、昼夜問わず頑張っていてくれてると思うのでもう少し

 

がんばりましょう。

 

yoko

 

 

123
ページの先頭へ