ブログ

Blog
家作りに関する情報や、地元のお得な情報などを掲載しております

自然から学ぶこと

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊, 日々のこと

みなさん、こんにちは。

 

朝晩冷え込むようになり、インフルエンザ患者もちらほらいるようなので

 

手洗いうがいをしましょうね。

 

そんな昨日、私は子供と野山を駆け回ってきました。

 

香取市に今年できた体験学習施設「テラス・サンサン」の初のイベント、

 

秋を見つけよう!里山ハイキングに参加してきました。

 

 

盛りだくさんの内容で、里山ウォーキング、リース作り、バーベキューラ

 

ンチ、竹馬・竹とんぼでの遊びで大人300円、小学生以上200円、3歳以上

 

100円と香取市在住のご家族が参加対象者として募集していました。大人気

 

で募集していた組数より多かったようです。

 

メインの里山ハイキングでは、案内役のおじいさんの話がとても勉強になり

 

ました。「このハイキングをみていると子供らはどんどん先に進んでいって

 

しまう。今の時代に生きる若い人は過程を楽しめないからゴールを目指すこ

 

とが目的になってしまうけどハイキングは歩く道のわきにこんなものがあっ

 

た~とかいろんな発見をしてほしいんだ。それに母親は、子供に“危ない!ダ

 

メだよ!”を言い過ぎてない?子供は痛いも危ないも経験して自分で気を付け

 

るようになるんだから、それをさせないんではだめなのよ。」と。確かに毎日

 

言っているかも…

 

 

その後もおじいさんが竹とんぼをつくってくれたりしましたが、子供が「どう

 

やってやるの?」と聞くと「うまい人を見つけて観察して真似してごらん。」

 

と、おじいさんの言葉一つ一つに関心してしまいました。答えややってあげる

 

のは簡単なんだけど、子供に考えさせることが大事だな~と。

 

ハイキングに行く前も「台風でね、たくさんの木が折れてしまって道をふさ

 

いでしまってたりといつもの風景と違うかもしれないけど、歩く私たちがそれ

 

に対応して歩くしかないんだよ。」っていうお話がなんか人生と同じような気

 

がして深い!!と思ってしまいました。いまの時代お年寄りとかかわることが

 

少ない世の中。子供とお年寄りが触れ合えるこのイベントはとても素敵だと思

 

うし、私自身もそうですが気持ちに余裕のない子育てをしているんだな~もっ

 

とのびのび育ててあげたいな~と思いました。

 

たくさんのお母さん、お父さんたちに子供と参加してもらいたいイベントです。

 

今回はバーベキューランチでロケットストーブでもみ殻を種火として炊き込み

 

ご飯をつくってくれたりと、いつも小食の息子たちがほおばって食べていたし

 

、火で炊くご飯は本当においしかった。貴重な経験ですね。

 

 

 

次回は12月1日(日)に「わくわく クリスマス」のイベントがあるそうです。

 

詳しくは“橘ふれあい公園”で検索してくださいね♪

 

小さいころから山遊びをしていた私は、むかご(自然薯のつるにできるイモの

 

粒)とりに夢中になり、子供に「はやくきなよ!ついていかないとだめでしょ

 

!」と怒られる始末。ケムリダケをみつけてみんなにみせたり、木から生える

 

なぞのキノコに目が奪われたり(あれは毒キノコかも、妙にテカテカして美味

 

しそうだったから罠かも)と子供たち以上に山を楽しみました。あたしが自由、

 

わが道行ってしまっているから子供が本当にしっかりしていて面倒見てくれて

 

いる気もする・・・うちは反面教師育児かも(笑)

 

yoko

 

 

 

リース作り、よく見てください。剣をもった人形の頭に剣が刺さっている…

 

目を離したすきにやられた!よくみると刺さった剣のあたりの髪の毛が赤く

 

染められている…ハロウィン仕様だな…

 

 

 

 

今週の金曜の夜、ゆっくりしませんか⁇

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊, ワークショップ

みなさん、こんにちは!

 

台風19号が過ぎ去りホッとしたのもつかの間、川の氾濫で避難勧告。

 

川の氾濫なんて自分が小さいとき以来です。

 

当時、父が消防団をしていて土嚢を積みに夜行ったことや、次の日は

 

晴れていて近所にいくと、田んぼと田んぼに挟まれている道が浸水し

 

ていて道路を魚が泳いでいるという子供ながらにワクワクした思い出

 

があります。

 

 

 

子供だったからそんな記憶でしょうけど、大人からしたらハラハラド

 

キドキすることだったでしょう。

 

スーパーに買い物に行くと、一斉に鳴り出すスマホのアラーム音にド

 

キドキしたり、消防団の「避難してください!」の放送にハラハラし

 

たり、夜だから水の嵩がどのくらいなのかもわからない恐怖。

 

想像を絶する出来事でした。

 

少しでも被災した方の心が楽になるようなケアがあるといいな。

 

            ☆☆☆

 

 

 

そんな週末の夜、コンセプトルームでゆったり過ごしませんか?

 

年2回「木と雑貨のマルシェ」を開催していて今月の27日(日)

 

で開催9回目になります。

 

そこでいつも「排酸術エステ」

 

https://ameblo.jp/bihada-z/entry-12450310228.html

 

で出店してくださる塩田さんの

 

「日用品に潜む経皮毒を知ろう」のお話会があります。

 

 

「経皮毒」とは?!

 

シャンプーや化粧品、生理用品など普段使うものには、有害と

 

される物質が含まれていて毎日使うことによって皮膚から吸収

 

され、毛細血管に入り一瞬にして全身に送られます。

 

「経口毒」は口から入ることをいうのですが、口から入る毒性

 

のほとんどは、体の中で分解され最終的には肝臓によって解毒

 

され一週間で90パーセントが排出されるといわれています。

 

皮膚から入った毒は、でたとしても汗や髪、爪からしか排出さ

 

れず10日で10パーセントしか排出されないそうです。

 

毒のほとんどが体に蓄積され様々な症状を引き起こします。

 

「経皮毒」はよく雑誌やネットで目にして知ってはいましたが、

 

自分の体の異変でよく知るきっかけになり、今は髪の毛もヘナ

 

で染めています。

 

現在、有害とされる化学物質は1500種類確認されています。

 

知らずに朝歯磨きから始まり、手洗い、皿洗い、洗濯、お化粧、

 

ヘアーセット、入浴、ボディケアと寝る時まで、えらぶものに

 

よっては毒を塗りたくっているようなものなのです。

 

よく、父親や母親に「経皮毒」の話や海外では禁止された食品

 

の話をすると、そんな危険なものを販売するはずがないだろう!

 

といいまったく聞き入れてもらえませんが、すぐに危険になら

 

ないから許可されているということなんではと私的に思ってい

 

ます。

 

少し前にスーパーからバターが消えたことには気づかれたでし

 

ょうか?

 

アメリカでマーガリンの販売が禁止されたことでバターの品薄

 

につながりました。

 

マーガリンにはトランス脂肪酸という物質が含まれており、過

 

剰に摂取することで悪玉コレステロールが増え、動脈硬化や心

 

筋梗塞、脳梗塞を発症するリスクが高まるということでアメリ

 

カでは使用禁止になりました。(日本では販売されていますが)

 

予防接種の注射や、抗がん剤や食物、除草剤に関しても、海外

 

では使用禁止なのに日本ではいまだ普通に販売されていたり…

 

うちの両親が言う通り、危険なものは売らないだろう!って気

 

持ちもわかるし、「経皮毒」にしてもすぐに命にかかわること

 

ではないんだろうけど、昔なかったものが現代には多くあり、

 

今から生まれる子は生まれながらに毒に侵されているのです。

 

前日、イベントで助産師さんとお話しすることがあり、出産

 

の瞬間、石鹸のにおいが広がり羊水が泡立っていたと聞きま

 

した。そんな羊水の中、十月十日過ごした赤ちゃんに支障は

 

ないのか、気になりますが。。。

 

私も医者でもないから成分一つ一つのことまでわからないけ

 

ど、自分で理解しようとして健康を選ぶことはできると思っ

 

ています。

 

自分の健康は自分にしか守れないので、ましてや小さい子供

 

の健康も親の選択で変わってしまいます。

 

ですので、ぜひこの機会にゆっくりお話を聞いてみませんか

 

 

https://ameblo.jp/bihada-z/entry-12226653617.html

 

お子様のアレルギーや、ご自身のお肌のトラブルをプロに聞

 

いてみましょう!?

 

一人悩まず、お話して解消出来たらいいですね。

 

一時期、韓国から流行ったB〇クリームを草刈りの時は念入

 

りに塗っていたのですが、これが逆にシミや日焼けをひどく

 

しました。なぜなのかは、聞いて納得しました。

 

今の時代、インスタなどでかわいい芸能人がこれいい♡みた

 

いに商品を載せたらすぐに売れるようですが、踊らされず自

 

分で選択できる知識が必要ですね!

 

健康にしても災害にしても知識の差で自分の身を守る力が違

 

います。

 

「自分の身に起きることは自分で蒔いた種、自分の身は自分

 

で守る!」が最近私の中のスローガンになっています。

 

私も子供たちを連れてお話を聞きたいと思います。

 

 

yoko

 

 

香取市がおかあさんにやさしい町になりますよーに✩

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊

みなさん、おはようございます。

 

台風の影響か香取市のスーパーから水と菓子パンが消えました。

 

あたしはお餅が好きなので、お餅が売り切れていなかったことが救いでした。

 

餅は、お雑煮、いそべ巻、きな粉、あんこ、大根、納豆と味のバリエーション

 

はあるし、消化もいい。

 

前回、ラーメンを連続で食べたせいでお腹の調子を崩しました。その出来事か

 

ら今回はお餅で乗り切りたいと思います。

 

こんな時はサバイバル生活を楽しめるか、楽しめないかで長期戦を乗り越える

 

ことができるかできないかが、関わってくると思うので、子供と問題が起きた

 

らどうしたいいか?と一緒にかんがえて過ごしたいと思います。

 

 

 

先日、旧香取市にある”サンサンテラス(香取市の交流の場の目的で4月にで

 

きました)”で「助産師さんに聞いてみよう!」という香取市産前産後ケア施

 

設作りプロジェクトの第一回のイベントとして開催しました。

 

 

千葉市から助産師さん2名に来ていただき、座談会形式でお話して、午後から

 

は個別相談の時間を作りました。

 

この企画したメンバーは私以外に2名いて、2人ともお子さんを助産院で出産

 

した経験があります。

 

私は病院でしか出産経験がないので、助産院との違いを知りたくて参加しまし

 

た。

 

まず、助産院には医師が居ません。病院だと医師がいてそこに看護師さんがい

 

るけど医師が在籍していないので、帝王切開、縫合、麻酔剤の使用など各種医

 

療行為は認められていません。

 

万が一、異常があった場合に備えて、産婦人科の連携医療機関を定める、妊婦

 

に書面での説明を行うことが医療法により義務付けられています。

 

病院では検診が何回もあり赤ちゃんの形を気にしてみていますが、助産院では

 

お母さんの心や健康を一番気にするそうです。(腰が痛いというだけでなんで

 

だろう!とピリピリするくらいだそうです。)

 

自然分娩で素敵な出産になるように身体作りをしていくこともされているそう

 

です。

 

 

このイベントに6名参加してくださりましたが、内2名は助産院で出産経験が

 

あり、自然分娩できるならぜひ助産院で出産して欲しい!という思いで参加し

 

くださりました。

 

助産院を知らないで参加した私が思った事は、初めて経験する妊娠・出産は、

 

自分でもびっくりするくらい身体が変わったり、トラブルがおきたり不安に

 

なるものなのですが、こんな助産師さんが近くに居てくれたらすごく安心し

 

て赤ちゃんを産むことができるんだろーな~と思いました。今回初めてお会

 

いした助産師さんなのにとても話しやすくて、しかも「胃腸弱い?むくむ?」

 

と言われびっくり!!そのとおりなんですよ!助産師さんは人とまっすぐに

 

向き合ってくれる、気にかけてくれる気持ちがすごくうれしいんです。

 

 

私が出産した病院では、診察前に流れ作業で尿検査や血圧を測り、待つ時間

 

も長く、診察で呼ばれると内診も診察も毎回先生が違う。

 

先生によっては画面を見ながら、一度も顔を合わせず診察を終えることもあ

 

りました。聞きたいことも聞けないです。

 

そんな経験しかしたことない私は、助産師さんのお話や助産院で出産した方

 

のお話を聞いて私も助産院で産んでみたかったな~と思いました。

 

2人とも難産だったので、分娩室に居る時間がながく分娩台で過ごす時間は、

 

一人で孤独で不安でつらかった想いがあります。

 

でも助産院だったら、フリースタイルなので自分の過ごしたいように過ごせ

 

て兄弟児も近くで過ごせるというのも魅力です!

 

私の2人目の出産は急だったので(陣痛にきずかなかった!(笑))上の子

 

が離れたくない!!!と号泣で、その後も見に来ては時間になったら帰らな

 

くてはならなくて号泣!今思い出しても可哀そうだったな~と思います。

 

家族も増えて幸せに過ごしたい時間なのに、子供にとっても私にも悲しい思

 

い出として残っていますね。

 

助産院だったらちがったのかな~と思いました。

 

あともう一つ強く感じたことが、自分の事をもっと気にしてケアしていいと

 

いうこと。

 

病院では赤ちゃんの形や成長を気にかけるため、自分もなんとなく意識が赤

 

ちゃんメインで出産してからは自分よりも赤ちゃんにかかりつらくても体調

 

が悪くても優先は赤ちゃん。

 

当たり前だろ!!と思うかもしれないけどよく考えてみたら、おかあさんた

 

ちは命がけで産んでいるんです。産む際に出血が多すぎたり、骨盤が緩んだ

 

り。自分の身体もケアしていいんです。

 

今も現在進行形で育児中ですが、体調が悪かったり肩が張って気持ち悪かっ

 

たりしてマッサージ屋さんにいくにしても、子供を置いていくのが悪いよう

 

に言われ行けなかったりしますが、自信をもって自分の身体をケアしようと

 

も思えました。

 

 

私のように自分に時間をかけたら、罪悪感・悪いことだとおもっているお母

 

さんはきっとたくさんいるはず!

 

でもね、実際体調が悪いとイライラしてしまったりすることがあったり、具

 

合が悪くて寝込んだりするようになってしまって一番悲しい思いをするのは

 

子供です。

 

なので自分の身体や心をケアして笑って過ごせたら一番いいです。

 

それには、お母さんたちに優しい世の中になってほしいな~

 

今回、千葉市の若草助産院の助産師さんに来ていただきましたが、千葉市は

 

産後ケア事業があり、市として助成もあります。

 

 

 

http://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/kenkou/shien/29sangokea.html

 

 

内容と種類

助産師の家庭訪問による「訪問型」と、産科医療機関や助産所に宿泊をする

「施設型」があります。

サービスの内容は、以下のとおりです。お母さんのご希望や、状態に合わせ

て実施します。

・お母さんと赤ちゃんの健康管理

・授乳方法の指導、乳房ケア

・沐浴、抱き方等の育児方法の実技指導、助言

・赤ちゃんの身体計測、発育状態の観察

・お母さんの休息(施設型)など

 

 

 

 

香取市では年間300人ほどの出産がありますが、出産にあたり相談できる

 

ところや話をして心が軽くなる場所はありますか??

 

参加者のほとんどが出産・育児については、ネットで調べると答えました。

 

香取市でも、保健師・社会福祉課・健康づくり課・子育て支援課がまとまっ

 

てできた、出産から育児までの相談をうけるところとして包括支援センター

 

というものができました。

 

つくったはいいけど、必要とする人に知られなくては意味がないので、ぜひ

 

活用してみて欲しいです。

 

活用してみて何かあればもっとこうして欲しい!と要望を出してよりよい関

 

係が作れたらいいですよね。

 

市民や活用する人が街づくりを作っていくので、お母さんに優しい住みやす

 

い市になっていくように私も努力したいと思います。

 

今回、開催するにあたりいろいろ思うことや、葛藤がありましたが想いを応

 

援してくださる方がいて、開催することができました。

 

開催してよかったとメンバー一同、心から思います。

 

世の中のお母さんたちはすごい頑張っている!そのお母さんたちを今後も応

 

援できたらいいな~と思います。

 

何事も他人事、人任せでは何も変わりません。

 

わたしたちから動き、何かが少し変わることが今回実感しました。

 

止まることなく、ゆるりゆるりといきたいと思います!

 

最後にメンバーが作ってくれたワンコイン弁当。

 

 

 

”食養”について学んでいて、とっても美味しかったです!

 

毎日食べれたら幸せだろうな~☺

 

キャラ弁よりいい!!

 

いつか皆さんにも食べていただける機会ができるといいな~

 

 

 

yoko

 

 

 

成田在住のフォトグラファーのちほとさんの写真展は素敵でした。

参加者さんだけではなく、サンサンテラスに遊びに来たお母さんたちも見入っ

ていましたよ~

 

http://www3.point.ne.jp/~chiphoto/index.html

 

 

 

 

 

 

 

妊婦さん、またはそのご家族の方、香取市に住む皆様に

ブログカテゴリ: イベント, すべての女性を応援し隊

みなさん、こんにちは。

 

 

台風から2週間たちますが、いまだ房総のほうは停電している箇所もあり、

 

なんとかはやく気もちが穏やかになって欲しいと願うばかりです。

 

全国から自衛隊や電気関係者の方が、千葉県に集結して下さっていますが、

 

その方々の疲労も見え始めているようです。

 

朝も夜も関係なくずっと作業をして体もつかれているところに、休憩して

 

いると、休憩なんかしているなら早く直せ!!と心ない言葉をかけられる

 

そうで心が折れそうだという話も聞きました。

 

人と人をつなぐのは思いやりなのに・・・余裕がないと人には優しくでき

 

ないものでも、聞いてて胸が痛くなりました。

 

 

 

 

 

停電の長かった箇所は、やはり倒木が多く作業が困難だったようです。

 

杉の倒木が長期停電の一因?!

 過去の記事にも書きましたが、自然災害は誰が悪いとかではないけど、各

 

機関がちゃんと機能しなくては今回のように支援が遅くなり大変な想いを

 

するのです。現状を把握して適切な対応をするという意味では、知事は役

 

目を果たしていなかったのでは?と個人的には思います。

 

知事にしても、市の対応にしても、個々思うことは今回の件であったと思

 

いますがその知事や、議員にしても選んだのは私たちなのです。

 

そんなことも含め、私が一番強く思ったことが・・・・

 

「自分の身は自分で守る!!」ということです。

 

人をあてにしてたのでは、自分の身は守れない。

 

実際、数日間ずっと救急車のサイレンが鳴り響いていました。

 

こんな時は誰のせいにしてても命は守れません。

 

地域でのコミュニケーションが大事になりますね。

 

以前より、企画していたイベントの意味がこの先あるような気がして、こ

 

れを読んでる方には考えていただきたいな~と思います。

 

企画していたイベントというのは、会社とは関係がないのですが・・・

 

(この「想い」には賛同してくれて応援してくれています)

 

どうしたら女性が安心して住める香取市になるかをいつも一緒に考えてい

 

る友達と、出産についてのイベントを企画しました。

 

 

 

香取市に現在、出産や産前産後を見てもらえる医療はありません。

 

自分はもう子供産まないしいいや!ではないのです。今は隣町や少し足を

 

延ばせば出産できる病院がありますが、自分の娘や、お嫁さんが出産する

 

ころには今よりひどい状況になっているかもしれません。

 

ましてや、こんな災害時、妊婦さんなんかは人一倍不安で、体調も崩した

 

かもしれない。

 

でももし、香取市にも助産院や助産師さんがそこにあったなら、妊婦さん

 

や産後のお母さんの安心する場所があったのかも・・・

 

避難所に行くって言っても、妊婦や産後のお母さんはたくさん気をつかわ

 

ないとならないことがあるだろうし、もし専用の避難所があったら専門知

 

識がある人が居るだけで安心だし、ミルク、おむつ必要な物が早急に手に

 

入ったかもしれない。

 

本当に考える時期にきていると思います。

 

私もつい最近まで、市長や議員さんに理解してもらいたい!!と思ってい

 

ましたが、間違ってるかもしれないと思いました。

 

私たち香取市に住む人に、知ってもらって考えることが大事なんだと。

 

住む人が何が必要で、どうしたら住みやすくなるか考えることが大事なん

 

です。

 

だれかやるからいいよ!では何も変わらないのです。

 

私たちからうごいていこう!!!とおもって活動しています。

 

もし興味がありましたら、ぜひご参加ください。

 

ちなみに@chihophotoさんの写真展もありますので、ぜひ遊びに来てく

 

ださい。

 

 

 

 

 

 

詳しくは 「香取市産前産後ケア施設作りプロジェクト」で検索してくださいね。

 

女性が笑っていれば、世の中は明るい!!!!

 

yoko

 

 

 

 

 

 

 

愛情の反対は無関心

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊, 家づくり

みなさん、おはようございます☆

 

今日は、昨日気になった巷で話題の話を・・・・

 

皆さんは「夜回り先生」をご存知ですか??

 

あたしは名前とやんちゃな子を叱ってくれる先生ってイメージを持っているくらいなの

 

ですが、昨日のNewsトピックスに「夜回り先生」鬱?どうしたのか?みたいな記事が

 

ありました。

 

 

 

やっぱり、現場で真正面から問題に向き合うのは大変なことですよね。

 

すごい先生でもひとりの人間です。

 

よく、うつ病のかたと一緒に過ごしていると、一緒に居る人も鬱の気が出てくると

 

いいます。

 

問題に向き合っていたからこそのような気がします。

 

 

 

 

この先生の2012年の記事⇓

 

 

こころの病は、からだから|夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)

私のもとには、ずっとこころを病んでいるたくさんの人からの相談が来ます。その

人たちに共通することは、次のことです。
①自分に自信がない。
②それまでの経験から、他人を信じることができず、すべてを抱え込んでしまう。
③昼は、できる限り、動かず、そして、人との接触を避ける。
④夜は、ただひたすら、悩み苦しみ、ネットやメールで、見えない相手とつながろ

うとする。
⑤いつも、自分のことだけを考え、人のことを考える余裕を失っている。
すべてが哀しいことです。
実は、こころの病を簡単に治す方法があります。
それは、たった二つです。
①昼間、ともかく徹底してからだを動かす。10キロ以上は、歩き、美しいものにふ

れる。ともかく、昼間くたくたになるまで、からだを疲れさせる。そして、三食を

きちんと食べる。
②すぐに、インターネットや携帯電話、メールの機器を、捨てる。
健全なからだにしか、健全なこころは宿りません。まずは、からだをきちんと疲れ

させ、体調を良くすること。これが、一番のこころの病の治療法です。お金もかか

りませんし、薬のように副作用もありません。
体調が悪ければ、考えることは、すべてが悪い方へ悪い方へと向かってしまいます。
私に相談してくる人たち、子どもたち、まずは、これを一週間やってみてから、私

に相談してください。口やことばに救いを求めても、それは、無理です。救いは、

君たち自身の中にしかありません。君たちが、まずは動かないと・・・。

 

 

2012年から7年。こんな専門分野の先生に何があったんだろう・・・先生が疲

 

れてしまっている。

 

先生だけでなくこんな田舎の小学校の二者面談でも親御さんが「うちの子挨拶がで

 

きないんですが?」と先生にいわれるかたがいるようですが、挨拶を教えるのは、

 

親の役目でしょう。

 

親の背をみて子は育つといいますが、親御さんが挨拶ができていれば教えなくても

 

子は挨拶できます。

 

こんなことをも他人任せになる世の中じゃ、夜回り先生への相談内容もきっと大変

 

だったんじゃ・・と想像できます。

 

このブログで、子育て事情やいまのままでは未来が良くならないような記事を書い

 

きましたが、大人たちが社会の問題・現状をに関心をもたないといけないときなん

 

だと思います。

 

ブログのカテゴリーが増えましたが・・・

 

「虐待」は良くない!そんなのはみんな分かっています。でも「虐待」をしてしま

 

う原因・理由は?!無くしていくには?

 

社会がもっとゆとりや思いやりをもてば、苦しむ子供や人間がすくなくなるはずな

 

のに・・・社会をつくるのは人だから、皆な一人一人が思いやりをもてばいいだけ

 

で社会はかわるのに。

 

人に関心を持たなくなった人が多くなった時代がこの社会問題を引き起こしている

 

ようにおもえます。ニュースで悲しい事件を他人事に見ている人が多いかもしれま

 

せんが、自分にもかかわっているということを理解することも大事ですね。

 

一つ例えると、いまアマゾンの森林火災もNewsになっていますが、たぶん他人事

 

に思っている人が多いと思います。が、この森林は地球上の酸素の20パーセント

 

をつくりだしているのです。人間が生きていくのに絶対必要なもの「酸素」です。

 

「酸素」がなければ人は死にます。違う国で起こったことだけど、地球で生きてい

 

る限り他人事ではないのです。

 

自然災害、育児に関しては本当に一人一人が考えないといけない時期なんだと思

 

います。

 

よく私なりの考えをお友達に話したり語ると、一人がやったところで変わらないよ!

 

といわれます。

 

確かに何かを変えるときは、頑張ったところで目に見える変わり映えはないかもし

 

れない。しかも頑張り続けることはストレスになることもあるし、嫌になっちゃう

 

時もあります。けど、わたしは自分が関わる人が、少しでも多く笑って過ごせてく

 

れるように、動き続けたいと思っています。

 

夜回り先生がの心が安らいで、笑顔になれますよーに・・・・

 

 

yoko

子育て脳科学に基づいた間取りⅡ

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊, 家づくり

皆さん、こんにちわ!

 

昨日の夜の風はひんやり冷たく、すこし肌寒かったです。

 

皆さん、体調にお気をつけくださいね⚘

 

今日も脳科学に基づいた間取りのお話です。

 

「人間」とはよく言ったもので、私たちは人の間で生き、生かされていることを忘

 

れてはいけません。誰にも頼らず生きていくのは不可能なので・・・

 

このことは何百万年も続いてきた育ちの原点で、人が生き残るために培った戦略で

 

す。人は赤ちゃんの時から、家族のみにとどまらず多くの人に囲まれて育ちます。

 

ですが、現代は(特に先進国)は、異常な状態にあります。

 

ワンオペ育児が、その例です。

 

 

ワンオペ育児を余儀なくされている今のママたち。

 

私もそうですが、まぁストレスにもなりますよ!妊娠中はかわいいママになって、

 

いい子にそだてるんだ~♡みたいなこと思ってましたが、ほぼ一人で見ていると

 

自分の時間もなく、具合が悪くてもみないとならない、自分の思い通りにはいか

 

ない日々。ワンオペ育児は、それくらい無理があるものだと世の中全体が知るべ

 

きです。

 

母子だけではなく、家族全体がギシギシ軋み、今にも崩壊しそうな中で子育てを

 

している人が多くいると思います。

 

たくさんの年代の人が、異常な状態だと理解できれば、子育てママに優しい社会

 

になるのではないのでしょうか??

 

ママたちもたまには、具合悪いふりして休んだ方がいい!!

 

 

現在、日本の少子化・高齢化は人類史上類を見ないレベルに達しています。

 

ここ香取市でも、年間の出産数が300で毎年減る一方、死亡数は増える一方…

 

子供を産みやすくなったけど、産んでからの方がお金がかかったり、公園がなく

 

てみんな県外に遊びに行ったり、こんなに広いのに児童館が一箇所しかなかった

 

り。香取市もお年寄りに向けた市政じゃなく子供に向けてくれたら、子育てママ

 

も住みやすく転出する人もすくなくなるのにな~とか思ったり・・・

 

私のぼやきはおいといて、私たちは本来、多くの人間に囲まれて育つ必要がある

 

ということです。

 

日々の様々な人間関係で培われるもの・・・

 

 

・意思決定

・問題解決能力

・想像力豊かな思考

・客観的・論理的に考えていく力

・効果的なコミュニケーション

・対人関係スキル

・自己意識

・共感性

・ストレスへの対処

 

学校で勉強して学べるものではありません。いろんな人に出会って経験すること

 

で脳が発達するのです。

 

でも、少子化・高齢化・ワンオペ育児・・・・

 

こんな社会で産まれる子供たちは、どう育つのか?

 

人類史上類を見ないレベルなので、どうなるかわかりませんね。

 

人として一番関われるのが家族ですよね~家族でもいいのです。

 

「出会う機会をつくる間取り」にすることです。

 

要は家族とのコミュニケーションをとりやすくするということです。

 

例えば、リビングを広く心地よくして家族が同じ場所に集まりやすくしたり、リ

 

ビングに勉強ができるカウンターを設置したり・・・

 

今の時代、玄関から帰ってきてそのまま自分の部屋に行くってことも、少なくは

 

ないようで・・・家族間でも会話をほぼしないってこともあるようですね。

 

なのでリビングを中心にした部屋作りや、リビングを通らないと他には行けない

 

ようにする間取りが大事になってきます。

 

各部屋に居ても、なんとなく人の気配を感じれることが非常に大事です。

 

子供はとくに!!お互いに何となく存在を認識できる、常に存在を感じていると

 

いうことは、常に社会スキルの発達に寄与していることになります✨

 

程度の差はあるかもしれませんが、存在を感じるということはお互いに思いやり、

 

気遣い、遠慮などが生まれ、声を小さくしたり、物音に配慮したり、遊び方を変

 

えたり、必要なら声を掛け合ったりするようになります。

 

その1つ1つが社会スキルを向上させます。

 

そしてもうひとつ「きょうだいの部屋は一緒がいい」。

 

きょうだいが同じ部屋だと、当然思い通りにならないことがたくさん出てきます。

 

1人になれないので常に相手の存在を踏まえた行動をとる必要が出てきます。我

 

慢や忍耐も当然しなくてはならないでしょう。

 

でもそうすることで、当たり目のことを当たり前にできるようになるのです。そ

 

れが人間のもつ適応力なのです。

 

毎日当たり前のように生活していても、実はかなり社会性を磨きながら過ごして

 

いるのです。

 

このことを知った時、私は母親として少し気が軽くなったことを覚えています。

 

だって、起きてから寝るまできょうだい喧嘩をしていて、喧嘩のきっかけなん

 

て本当に大したことじゃないんですよ~もう聞いてるこっちが毎日イライラし

 

ちゃうんです。

 

 

でも喧嘩することで適応力や社会性が身につくとしったら、あ

 

~今人として成長中でがんばっているわ~とおもったらそんなにイライラしな

 

くなりました(笑)私が単純なのかしら・・・?

 

おうちづくりの楽しさの一つの間取り。脳科学を知って取り入れてもいいかも

 

しれませんよ~

 

 

 

yoko

 

みなさん、ご心配なく~

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊, ワークショップ

みなさんへ

 

 

マルコーホームは、夏季休業として8月11日(日)~18日(日)までお休みをいただ

 

きます!!

 

みてくださってる方が心配してはいけないのでね(笑)

 

 

 

 

 

今日は2回目の更新になってしまうのですが、読み聞かせの様子をお伝えしたいとお

 

もいます。

 

 

今日は暑かったのか、足を運ばれる方が少なかったのですが、今日もお母さん方も勉

 

強になる絵本のことが学べました。

 

本当に絵本は奥深い。ただ読んでるだけではもったいない!!言われなければ気づか

 

ない仕掛けがあるんです。いままで図書館で読んだ絵本も何かしら仕掛けがあったん

 

だろーなー!!絵本侮るなかれ!!!です。

 

 

 

そして、よくきくのがあかちゃんに読んでも意味がないのでは??

 

意味なくなくないです!!(笑)

 

ご覧ください!!赤ちゃんも首を持ちあげて、読んでる間は見て聞いているんです。

 

大好きなおかあさんの声なら尚更良いです。

 

もっと深くお話したいのですが、また次回にしたいと思います。

 

 

小さい子をもつお母様方に、普段お出かけする場所を聞いてみました。

 

家にいる、児童館にいく、大きいデパートのキッズコーナーへいく。

 

でもやはり子供を連れて出かけるには大変なんです。

 

公園も行くそうですが、こう暑いと行くに行けないですよね~

 

なのでこの読み聞かせを利用してくださればいいな~と思います。お母さんたちが集

 

まれば、子供のはなしで、おむつや授乳のはなしになるんですよね~

 

なので、何か悩んでいたり、同じくらいの子と交流をもたせたいな~って言うんであれ

 

ばぜひ、この機会にご参加ください☺

 

絵本も読ませたことない!とか今まで興味もなかった~っていう方も、大丈夫です~

 

絵本の先生いわく、絵本を本当は大人に読んでもらいたい!!と。

 

今日親向けにも絵本を読んでくださったのですが、子供の絵本でも内容が「奥が深い」

 

!!

 

 

妊婦さんでも、おとうさんでもご興味がある方はぜひ、この機会に遊びに来てください。

 

おなかに居る赤ちゃんはまず声を覚えるらしいので、お母さんが絵本をよんだらおなか

 

のあかちゃんも喜びますね~おとうさんも子供とのコミュニケーションに絵本を読んで

 

あげたらいいと思うし・・・・・

 

お待ちしていますよ~

 

 

 

あ~明日から9連休・・・・・母がんばります!!!!!

 

暑いし、台風も来ているようなので、みなさんお気を付けくださいね~

 

 

yoko

子育てタクシーってあるんですよ

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊

おはようございます!!

 

今日はコンセプトルームに絵本屋ホシフルサトさんが10時~15時まで来てくれます。

 

10時半、13時半からは読み聞かせがあります、ぜひ聞きに来てくださいね📚

 

 

みなさん、子育てタクシーって聞いたことありますか??

 

私は知らなくて、このブログを書くようになってこの日本にはたくさん知らないことがあ

 

るんだな~と思っているところです。なんにしてもそうだけど、意識しないとその情報は

 

目に留まりませんから、普段からいろんなことに興味・関心を持つのは自分にとっていい

 

ことだな~と思っています。

 

さて、子育てタクシーとは!?

 

「子育てタクシー」とは、一般社団法人全国子育てタクシー協会(以下、(社)全国子育て

 

タクシー協会)主催の子育てタクシードライバー養成講座課程を修了したドライバーが専

 

門に乗務する、お子さんやその保護者、また妊娠中の方にも優しいタクシーのことです。

 

荷物が多くなりがちな乳幼児を連れた外出のサポート、保育園や学童保育所、塾などに保

 

護者の代行としてのお迎え、陣痛時のスムースな送迎など、”いざという時の保険”として

 

登録・ご利用いただける、子育て世代に優しいタクシーです。

タクシー会社&子育て支援団体とのネットワークとしては全国一!だから、研修内容の充

 

実や情報の共有なども充実。また、自治体として子育てタクシーに取り組む地域も増えて

 

います。

 

4つのコースがあります。

 

「カンガルーコース」・・・荷物が多い子連れの外出を強力サポート。通院や検診、幼稚

 

園の送迎やお買い物、お出かけに。ご要望であれば、玄関先まで荷物を運びます。

 

 

「ひよこコース」・・・通園、通学、通塾などのお子様一人でも安心送迎。

 

 

「こうのとりコース」・・・出産予定日や産院など事前登録しておけば、安心して迅速・

 

安全に産院へ直行できます。

 

 

 

「ふくろうコース」・・・夜中の急な発熱など、救急車を呼ぶまでもない症状の時の利用。

 

突然の出来事によるお子様のみの送迎にも対応。

 

 

 

 

私的にはこの「ふくろうコース」はいい!!と思いました!

 

皆さん大体、同意してくれると思いますが大体具合が悪くなる時って、夜中からじゃない

 

ですか??旦那が次の日仕事とか、いなかったり、そんなときは助かります!!!

 

熱位ならまだ運転していけるけど、胃腸炎の時は大変!!幼児になれば吐くのを面倒見な

 

がら行けるけど、赤ちゃんだと吐いたものが詰まったら!!とか運転も気が気じゃない。

 

夏に汗かいたから昼にシャワー浴びてたら、旦那が片さなかったT字のカミソリを子供が

 

触ってしまい血がダラダラ!止血しないといけないのに運転もしないといけない。まして

 

兄弟児がいたら大変なんです!

 

でも、救急車は呼ぶほどでもないし・・・・そんな時利用できたら、助かるし、運転手さ

 

んが居るだけで心強い・・・

 

病院ついてからも吐く子を横目に受付もしないといけなかったり・・・我が家は私が子供

 

2人連れていつも救急に行くのですが、胃腸炎の時は服から何やら大惨事になります・・・

 

受付の時だけでも運転手さんがいてくれたらものすごい助かる!!!

 

近くにあればいいのだけど・・・・

 

千葉県はまだ数件ですね・・・

 

タクシーに乗る人が減ったように思えるけど、高齢社会、ワンオペ育児が多いこの時代に

 

は、またタクシーは必要なのかも・・・

 

 

千葉県

市原興業 株式会社 IKタクシー
〒290-0047 千葉県市原市岩崎1-32-9
子育てタクシー登録
お問い合わせ番号
0120-23-8347
詳細情報を見る
登録ドライバー一覧
市原ベイタクシー 株式会社
〒290-0109 千葉県市原市千種7-1-11
子育てタクシー登録
お問い合わせ番号
0120-043-607
詳細情報を見る
登録ドライバー一覧
有限会社 潤井戸タクシー
〒290-0171 千葉県市原市潤井戸1058
子育てタクシー登録
お問い合わせ番号
0120-74-5811
詳細情報を見る
登録ドライバー一覧
協進交通有限会社
〒273-0122 千葉県鎌ヶ谷市東初富1-11-8
子育てタクシー登録
お問い合わせ番号
047-444-4592
詳細情報を見る
登録ドライバー一覧
京成タクシー成田株式会社
〒286-0033 千葉県成田市花崎町750-1
子育てタクシー登録
お問い合わせ番号
0476-24-0118
詳細情報を見る
登録ドライバー一覧
有限会社ササモト
千葉県匝瑳市上谷中2238-8
子育てタクシー登録
お問い合わせ番号
0479-79-1879
詳細情報を見る
登録ドライバー一覧
(株)銚子タクシー
〒288-0821 千葉県銚子市小浜町2663-8
子育てタクシー登録
お問い合わせ番号
0479-22-0717
詳細情報を見る
登録ドライバー一覧
(有)武藤自動車
千葉県市川市若宮3-49-13
子育てタクシー登録
お問い合わせ番号
047-338-7774
詳細情報を見る
登録ドライバー一覧

 

近くでは、銚子、匝瑳、成田なんですね~

 

登録ドライバー一覧をみると、顔写真、軽い紹介がしてあり、また女性のドライバーさん

 

もいらっしゃって、利用するにも安心感があります。

 

香取市でもあるといいのに・・・

 

香取市には出産する病院もないから、陣痛がきて病院に着くころにもう赤ちゃんの頭がで

 

ちゃった!って話はよく聞きます。不安ですよね~そんな時運転手さんが知識があると安

 

心ですよね~

 

なにより、普通のタクシーよりお母さん方は利用しやすいと思います。

 

気持ちの問題だけど、子供がうるさくしたら・・・破水して汚しちゃったら・・・とか気

 

にする度合いが減る気がする。

 

都会は、バス、電車移動がほとんどで、お母さん方はドキドキです。うちも一度都内で電

 

車に乗った時、こどものぐずりタイムがきて大泣きしたことがあって、その時の周りの冷

 

たい反応はいまだに忘れられなくて、その後電車移動はしていません・・・

 

でも、都内に住む人は利用しなくてはならない現実・・・

 

こんなタクシーが料金も優しく、お母さん方にも優しいなら本当にいいですよね~

 

この世の人間は女性から生まれてきたわけで、女性に優しい世の中になれば、この世は安

 

泰な気がします☺

 

 

 

yoko

 

 

赤ちゃんの寝かしつけ

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊

みなさん、こんにちは!!

 

今日も暑くなりますので、水分、塩分忘れずに~

 

今日は、「輸送反応」についてかきたいと思います。

 

「輸送反応」を知っていますか??

 

これを知ると、今赤ちゃんがいて夜泣きや寝かしつけで悩んでいる人はもしかしたら、

 

楽になるかも!?

 

まず、寝かしつけや夜泣きに困った時は「抱っこして5分歩く」方法を一度試してみて

 

ください。

 

って言っても、私自身息子二人はひどかった~

 

上の子は、産まれてから抱っこから降ろすと泣く(背中にセンサーがあると思うくら

 

い)、きちんと2時間で起きて泣く、黄昏泣き(夕方になると理由なくなくやつ)、夜

 

泣き、縦抱きじゃないと泣くので、ソファーで抱っこしたまま寝る日々で、何もできな

 

いから常におんぶ。1歳~3歳までは夜は寝ぐずりで(当時アパートだったから)夜中、

 

朝方と車でドライブ・・・時々、警察に職務質問にあったな~(笑)もう疲れすぎて泣き

 

ながら警察に育児の愚痴を言ってた記憶が・・・(笑)今となっては私、か弱かったんだ

 

な~と思える☺

 

まぁ仕事しながらこんな日々だったので、もうストレス・疲労は溜まっていく一方!!

 

その時に「抱っこして5分歩く」って言われても、信じなかったし、抱っこももう嫌!

 

って思っていたかも。

 

でもこの「抱っこして5分歩く」というのは、ちゃんとした理由があるのです。

 

哺乳類の赤ちゃんは「輸送反応」という反応を生まれつき備えています。

 

「輸送反応」とは、哺乳類の子供が親に運ばれる時に、泣き止んでおとなしくなる反応

 

のことを言います。

 

 

 

 

 

動物は移動の時、敵に見つからないように注意しないとならないので、生き延びるため

 

の子供の本能として、親に協力しておとなしくするそうです。

 

この本能が、人間にも備わっていると考えられています。実験で抱っこして移動を始め

 

ると泣いている赤ちゃんの心拍数が下がり、おとなしくなったそうです。

 

「輸送反応」は「泣いている赤ちゃんを泣き止ませる」のに即効性があります。また、

 

寝かしつけや赤ちゃんが眠りやすい状態にまで持っていき、赤ちゃんを落ち着けること

 

にも効果があります。

 

抱っこのポイントは、寝かしつけようと思うのではなく「用事があって移動する」とい

 

う気持ちで5分歩いてください。寝かしつけようと思うと歩きが遅くなるため、5分の

 

間はとまらず歩き続けてください。

 

抱っこしている人の体に赤ちゃんのおなかと胸をピッタリくっつけグラグラしないよう

 

にもしてください。

 

生後半年未満のお子さんには、割と速めに歩いた方が寝かしつけやすいようですよ☆

 

そう思うと、5分抱っこはおとうさんでもいいわけですよ!よく「匂いがあるからマ

 

マでないとだめなんだよ~」という男性がよくいますがそれには「輸送反応」を説明し

 

てあげてください。子育ては協力していかないと、女性の心や体が疲れちゃいます。

 

なにもおかあさんだけが親ではないのでね!

 

赤ちゃんの寝落ちする顔はとっても愛おしいものです。それを独り占めできるのも幸せ

 

だし、おとうさんが寝落ちをみてはまってそれから寝かしつけを買って出るかも!!(笑)

 

 

 

 

子どもへの虐待が相次ぐなか、こんなコツを知っている、知らないでは全然違うと思い

 

ます。ぜひ、試してみてくださいね☆

 

 

 

yoko

 

おやこで話そう「生」と「性」のおはなし

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊

皆さん、おはようございます。

 

雨があがったら、暑さしかないですね☀

 

暑さもきついからだになったな~

 

 

 

昨日は雨が降ったり、止んだり。一寸先は晴れ(笑)

 

ほんとうに雨雲が面白いくらい極端で、愉快な天気だな~と思いながら、助産師さんがきて

 

お話してくれる「おやこで話そう生と性のおはなし」に小学3年の息子と一緒に参加してき

 

ました。

 

なぜ、参加したかというと私自身、小さいころから男性が下半身を露出してみせてくること

 

が何回かあったり、必要以上にのぞき込まれたり怖いって思ったことがありました。

 

小学生の保健体育では,何故か性に関して嫌なイメージができ、その後も中学、高校で露出

 

狂に出くわしては、「気持ち悪い」「こわい」の感情しかありませんでした。

 

今の小学校では5年生で、体の仕組みを習うようですが親が望むほどの内容ではないような

 

気がします。

 

それに性犯罪が、低年齢化していて5年生で習うには遅いと思うのです。

 

だからと言って、私が息子に教えるには性別も違うし、間違ったことも教えれないし、教え

 

方が偏ってしまったら嫌なイメージがつくんじゃないかと、自信がなかったのです。

 

 

 

 

都内にある麻の実助産所 助産師の土屋先生がお話をしてくれました。

 

 

性教育は人が生きていく上において、性の健康と人権を守るための必要な知識。

 

自分の体を大切にするとともに、お友達の子とも大切にできるようになる。

 

性被害者にも加害者にもなりにくくなる。

 

といった内容の話をしてくださいました。

 

前半は子供向けで、赤ちゃんから小学生の高学年の参加者に紙芝居を使って、女

 

性、男性の身体の違い・仕組み、月経、射精、受精、性行、妊娠、出産までのお

 

話をしてくれました。

 

 

 

うちの息子は、なんだか恥ずかしいようで時々、うつ向いたりしていましたね☺

 

小さい子たちは絵を見て「ちんちんだ!」「おっぱいだ!」と楽しそうに言って

 

いました。

 

同一性障害というのはテレビで見たり、本で見たり知ってはいましたが、女性の

 

身体なのに、精巣がおなかの中にあったり、生理が来ないと思ったらもともと子

 

宮がなくて生まれる子もいるとか、知らないこともたくさんありました。

 

そして、一番私が「はっ!!」としたお話が、子どもが小さいときとかに早くき

 

替えをさせたくて親が服を脱がすことってありませんか??それは良くないこと

 

だと。子供が嫌と言っているのに無理にすることで、子どもは他の子にしてしま

 

うということが性犯罪にも繋がる可能性があるということ。親だからいい!!で

 

はないということ。あれ?あたししていたのかも!と急に不安になりました。

 

性の知識がない子供にとって、性を学校で習ってから、「あれ?わたし被害にあ

 

っていたんだ。」と気づく子もいるそうです。

 

親が正しい知識を持っていないと、子どもがいざ性被害にあったとき子供を救え

 

ないんじゃないかと思いました。

 

そして、親がどきどきする「ねぇ!あかちゃんってどこから来るの?」「SEXっ

 

てなに~?」っと子供からの質問。

 

びっくりして、ごまかしたり、コウノトリがね・・・と嘘をついたり、一から詳

 

しく説明しちゃったり・・・

 

 

先生曰く、親がすべて答えるのではなく質問した子供が何をどこを聞きたいのか

 

考えて話すことが大事ですと。

 

嘘をついたり、否定したり、ごまかすことは、いけないことだと思わせてしまっ

 

たり、間違った知識で人を不幸にしてしまう可能性があるのでしてはいけないの

 

だとも仰っていました。

 

私は小さいころからずっとお風呂に一緒に入っていて、もちろん月経があるとき

 

もはいります。

 

そうすると息子たちが、経血を目にすることがあり、初めて見たときは「お母さ

 

ん!!!痛いの?怪我したの?血がでてる~!!!!」大騒ぎでした(笑)

 

この血は月に一回ね、あかちゃんのためにあるものでおなか痛くなったり、具合

 

が悪くなるから女の子にはやさしくしないとダメなんだよ~と息子に教えました。

 

わざわざ性の話をすると、聞いてもらえないからこういう機会は私は大事だな~

 

と思っています。

 

そうすることで、例えばクラスメイトが経血が多すぎて洋服にまで赤くなっちゃ

 

ったときに、ちゃかしたり冷やかしたりせず、トイレや保健室にいってきな~と

 

言ってくれるようになるんではないかと思っています。女の子も冷やかされたり

 

したら、トラウマになる可能性だってある。

 

 

 

 

先生とその話をしていたら、おかあさんの中にはタンポンを使ってまで経血をみ

 

せないようにお風呂に一緒に入る人も多いのだそう。

 

わたしの経験が全ての人にいいとは思われないとは思うけど、そこまでして経血

 

を隠す理由が私には理解できない。

 

なににしても、このお話を聞きに行けたことは私にとっても、息子にとってもい

 

いお勉強になりました。

 

「射精」とかにすごい戸惑いといやらしさみたいなものを感じていました。

 

皆さんそうじゃないですか??特にお母さんはね。

 

そんなの知りたくないとか!気持ち悪いとかね。でもそうするとそれも悪いこと

 

とか、嫌悪感や罪悪感を感じてしまうんですよね。

 

子どもが性で悩んだ時に、親に相談しずらくもなるんです。子供の苦しみに気づ

 

けないこともあるなんて良くないですよね。

 

土屋先生のやさしい口調で数時間お話を聞いてから、私のなかで何か変わりました。

 

「おちんちんから白いのがでたら、お赤飯にしようね!一人前だ!!!」といっ

 

たら「ケーキもな!!!」と息子。

 

いんだか悪いんだかはわからないけど、子どもと向き合って生きていきたいです。

 

 

 

 

正しい知識をもって人を大切にしてくれる人が増えたら、犯罪も少なくなるのでしょうね。

 

かの有名な江原啓之さんは出産・妊娠は「人間に残された最後の自然」と表現しています。

 

女性の子宮に生命が宿り、十月十日がたてば赤ちゃんが産まれてくる。

 

本来は、神秘的なことですよね。

 

 

 

世の中の女性が自分の体と心を大事にしてくれますように☆

 

 

 

yoko

 

何もしないことが罪!?

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊

皆さん、こんにちわ✩

 

今日は朝、気になる記事が・・・

 

”自己肯定感「低い子供」が減らない日本の危うさ”

👇お時間がある方は、読んでみてくださいね

 

 

https://www.msn.com/ja-jp/money/career/自己肯定感%ef%bd%a2低い子供

%ef%bd%a3が減らない日本の危うさ-%ef%bd%a2学力低下%ef%bd%a3や%ef

%bd%a2薬物依存%ef%bd%a3に陥るリスクが高い/ar-AAEIgNo

 

皆さん、「自己肯定感」ってご存知ですか??

 

”自分は大切な存在だ””自分はかけがえのない存在だ”と思える心の状態。自分を肯定している

 

感覚、感情を指します。幼少期の生活・教育環境によって大きく左右されると考えられていて

 

、教育上の重要な要素と考えられています。

 

例えば、自己肯定感が高いと、心の受容が大きく、少々のことではめげない。意欲的に人間関

 

係を築くことができる。逆に低いと、自信喪失、萎縮、自己否定的な感情を持つ。

 

”自己肯定感”が低いと何が問題なのかというと、「自分をダメな人間と感じる」「うまくいか

 

ないとすぐにあきらめる」「幸せを感じられない」

 

こんな気持ちで大人になると、乗り越えられない壁がたくさん目の前に立ちはだかって、心が

 

病んでしまったり、自ら命を絶ったり、世の中が憎くなって犯罪をおかしてしまったりするん

 

じゃないでしょうか?

 

子供を持ってからは、犯罪・防災の情報が急に耳に入ってくるようになり、犯罪をおかす人を

 

批判する言葉ばかり浮かんだけど、ここ最近いろんなことに目を向け始めると、犯罪者も他人

 

ごとではなく、自分も関わっているんだと思います。

 

問題を起こす人だって、赤ちゃんで産まれてきて無垢で愛らしく、見てるだけで幸せな気持ち

 

にさせていたはずなのに、その過程で変わってしまったんですよね。

 

虐待をされた親は、子供にも虐待をするっていう言葉をよく聞きますが、”自己肯定感”も一緒

 

ですよね。親から褒められず、自分はダメなんだと育った子が親になる。そしたらきっと、自

 

分は親みたいにならないようにしよう!と思って意気込むけど、何か問題があると子供のせい

 

にしてしまうっていうのもある気がするんです。そうするとまたその子が親になって・・・・

 

繰り返しになりますね。

 

前にもブログで書きましたが、”自己肯定感”が低い大人ばかりになると、経済にも影響がでま

 

す。

 

犯罪も多くなり、悲しむ人も増えます。また、貧困にもつながるかもしれない。

 

いろんな面から見ると、他人事と思っていたことが自分にもかかわっているんですよ。

 

だからって何をすればいいの?と思いますよね。

 

私は、近くに居る人やお子さんや家族に思いやりをもったり、気にかけてあげることで世の中

 

は、変わっていくような気がしています。

 

最近、選挙もありました。

 

投票しても変わらないし!!という言葉を何人からか聞きましたが、何もしないから変わらな

 

いんだよ!!といいたい。

 

私も春までは、そんな一人だった!なんでも人のせいにして、不満をもったり、攻撃性だけは

 

人一倍でした。でも会社で行かせていただいた藤原ひろのぶさんのセミナーで、考えが大きく

 

変わりました。

 

・すべては他人事ではない

・仕事とは世の中の困りごとをなくすこと

・正義の反対はもう一つの正義

・思いやりをもとう

 

いままでは、何か人にされたら自分を守るために、攻撃的になっていましたが、藤原さんの言

 

葉を聞いてからは、なぜこの人はこう言っているんだろう?なんでだろう?とか”考える”こと

 

ができるようになり自分のイライラ・ストレスはほぼなくなりました。

 

自分が変わることで、相手も変わりますよね。いつも怒っている人を相手にすると嫌な気分に

 

なるけど、自分のことを気にしながら話されたら気持ちがいいではないですか?

 

なので、近くの人を思いやることだけで良くなっていきます!!

 

難しいことですか???

 

“自己肯定感”を高めるのはなにも親だけではないです。気にしてくれる人がいるだけで、その気

 

持ちが子供の”自己肯定感”を高めます。

 

今の時代、隣に住んでる人もしらない、田舎でさえもそんな環境ですが、もう少し人と人とのコ

 

ミュニケーションがとれて思いやりを持てたら・・・と願います。

 

世の中の女性がもっと心穏やかにすごせるようになったら、世の中、明るくなる気がしています☺

 

 

関連する書籍をご紹介

 

 

 

 

yoko

 

 

 

 

心、自分と向き合う、考えること

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊, ワークショップ

皆さん、こんにちわ!

 

先週、地元の祭りで田んぼ道を歩いていたら田んぼに落ちて、両手で稲をつかんでる

 

酔っ払いに遭遇しました。

 

呑みすぎ、なんでも過ぎるのは良くないとそのおじいさんから改めて学びました(笑)

 

今この時代、「うつ」という心と体が病んでしまう人が多いようですが、それも自分

 

の心の声を無視して、周りの期待に応えようとし過ぎることが原因のような気がしま

 

す。

 

今日コンセプトルームで「宇宙レベルで人生の設定変更」という内容のセミナーがあ

 

りましたが、たくさんの方に知ってもらいたい内容でした。

 

タイトルだけ聞くと「は?」と思いませんでしたか?わたしは思いました。

 

藤本さきこさん(https://laddessperite.co.jp/laddessperite思想哲学/人生の設定

 

変更/「決めるだけ❤︎」宇宙レベルで人生の設定変更)

 

という方が、本も出しているのですがもしお時間がある方は読んでみてください。

 

 

 

ちなみにコンセプトルームに何冊かあるので、読書しにきてくださいね✩

 

以前から本を読んでいたので、今日の講演DVDは本よりもわかりやすかった気がしま

 

す。

 

本を見ると、ハッキリ言ってものすごいハッピーにぶっ飛んでる!!え?本当?!何

 

それと思ってしまうのですが、最後はやってみよう!!とおもうんですよね。

 

シンプルかつ当たり前のことを言っているから。

 

・すべてはよろこびである=ただの心理

・思考じゃなく意識

・神は自分自身

・感情と感覚は別

・自分が感じるものは自分だけ

・自分の感情を押し殺すと、分離感、うつ、不足感を感じる

・考えるんじゃなく、幸せは感じるもの

・感じることが幸せ

 

 

物事は全て自分の設定で決まる、と言っています。

1、明らめる

2、感じる

3、決めるだけ

この3ステップで人生が変わると。

 

だから今すぐ変えられる。

 

 

上手く言えないし、もしかしたら違うのかもしれないけど私なりに解釈したのは、

 

自分の心の声をちゃんときいて、素直に受け入れて、無理しない事。

 

そして、考え方でストレスやモヤモヤをなくして心穏やかに過ごせたら一番いい。

 

これは、私の「幸せ」なんだけど。

 

日本人って我慢したり頑張ることに美学を感じるところがありますよね。

 

だから、自分が嫌だと思うこともしないといけなかったり、周りの理想に合わせる

 

ために、自分は我慢して相手の望むようにしたり、限界なのに「限界」というのが

 

難しい。

 

物事の良し悪しも、世間の目を気にした基準だったり・・・

 

でも、自分の幸せは自分でしか感じれないんだから、他人の物差しじゃなく自分の

 

物差しで測っていいんだってこと。

 

例えば、子供がいると母親と女どっちでいたらいいかわからないんです・・・って

 

DVDの中で質問した方がいて、要は、周りからはいい母親で見られたい、女を出し

 

たら「あそこのお母さん・・・」みたいに言われる、でも悩んでる。

 

さき子さんは、「どちらが好みですか??」って聞いていました。さき子さんは、

 

マイナスもプラスもただの出来事と言っています。考え次第でマイナスのことはマ

 

イナスではないと。だから自分が思っていることを「本当かな?!」と突き詰めて

 

本当はどっちなのか自分と対話することが大事だと。

 

 

 

今の時代、「考える」ことをしない人が多い気がします。自己主張がないというか。

 

どっちでもいいやとか、みんながそうだからとかね。

 

自分の事は自分にしかわからないんだから自分の芯はあった方がいいと思います。

 

自分の芯(基準)があれば、人からうけるストレスが少ない気がします。もし、他

 

の人意見で、自分の基準も変わることもあるでしょうが、それはそれでいいと思い

 

ます。人は人でしか、磨かれていかれないから、より良い方向に行くならブレブレ

 

でいい!!

 

以前、藤原ひろのぶさんのセミナーで「正義の反対はもう一つの正義」という言葉

 

に感銘をうけたのですが、それまでは自分が正しい!相手が悪い!という考えだっ

 

たんです。

 

けど、そんな言葉を聞いてからは、相手のことも考えることが出来るようになり、

 

イライラすることが減りました。

 

アンパンマンではバイキンマンが悪者という認識があるけど、そうではないって事

 

を考えることだけでも、このセミナーのいう「設定変更」なんだと思います。

 

あともう一つ例えるなら、ゴルフに例えてみましょう。

 

クラブでボールを叩くとき、ホールに近いあそこに飛ばしたい!!と飛ばしたい方

 

向を見ているだけでは、クラブでボールは叩けないんです。

 

クラブが当たるまでボールをしっかり見なくては、飛ばしたいところに飛ばせない。

 

「こうなりたい」って思うことは大事だけど、今の自分の感情や心を大事にしなく

 

ては明確な未来は掴めない。

 

 

上手く伝わったか心配ですが、本の中では「カーナビ」「ゲーム」で例えていて、

 

その方が分かりやすいかもしれません。

 

ブログを読んで何か引っかかったら本を読んだり、今後またセミナーをする時があ

 

ったらぜひ、いらっしゃってください。

 

マザーテレサが「隣人を愛しなさい。輪が広がれば戦争がなくなる」ような言葉を

 

遺していますが、一人一人がハッピーになって、循環して悲しい事件や辛い思いを

 

している人がこの世界から一人でもすくなくなるといいな・・・・・

 

 

 

 

yoko

 

 

 

 

夏休み!親子で話そう「性」と「生」のはなし

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊

みなさん、こんにちわ!

 

今日は、小学生も夏休みに入ってからのイベントをお知らせします。

 

 

マルコーホームで主催するわけではないのですが、お友達が講師をお呼びして小見川の

 

自然少年の家で開催するので、なかなかない機会だと思うので、お時間がありましたら

 

お子さんと参加してください✩

 

「性」というと、小4の時女性の体の仕組み(生理)から学んだ記憶があります。

 

何となく授業を受けた後に、親のことが少し嫌になった記憶もありますね~(笑)

 

いま自分が大人になると、「性」「生」を学ぶことはとっても大事なように思えま

 

す。何より大人がちゃんと学ばなくてはいけない気がします。

 

自慰行為自体は幼児のころから始まるので、他の国では4歳から性教育をしている

 

そうです。

 

よく聞きませんか?お母さんたちの会話で「うちの子ずっとちんちんさわってんの

 

よ~!!」と。。。

 

それは、生殖機能が未成熟なうちは成人と異なり、安心を求めるものだそうです。

 

でも大人がそういう知識が無いと、「恥ずかしいから駄目よ!!!」なんて言って

 

しまうといけないものなのだと子供が記憶してしまい、自分自身におこる体の変化

 

を恥ずかしいと思ってしまうんだそう。とくに大人は正しい知識をつけて、子供が

 

不安になったりしないように成長を受け止めるサポートができたらいいですよね~

 

実際、息子が2人いますが、私とは性別が違うのでわからないことがたくさんある

 

し、学んでいざ伝えるにしても、うまく伝えられるか自信がない。。。

 

皆さんはどうですか??

 

「性」は「生」に繋がりとっても神秘的で大切なことです。

 

ぜひ、この機会をお子様と一緒にお話を聞いてみませんか???

 

 

 

yoko

ブログのカテゴリーが増えましたが・・・

ブログカテゴリ: すべての女性を応援し隊

みなさん、こんにちわ。

 

長いこと雨で、朝ふと家周りをみわたすと・・・

 

雑草が(主にすぎな)ゆらゆら気持ちよさそうに揺れている・・・・

 

草ぼうぼうです!!!雨だったから家に入るのも急いで入るから、改めてみて愕然

 

でした・・・

 

気になっているのに、雨だと草刈ができない・・・

 

気になったらすぐに解消したい性格だから、気持ちがざわざわします(笑)

 

雨降って喜ぶのは、植物とカエルだけですね~

 

 

 

 

 

        ☆☆☆

 

 

このブログ、カテゴリーで分かれているけど、カテゴリー別にみてる方はいるのか

 

しら?

 

カテゴリーに「すべての女性を応援し隊」をつくりました。

 

内容としては、香取市で現状、お母さんたちへの助成がこんなふうにありますとか、

 

他の県では、お母さんたちへこんなやさしいことをしていますとか、女性にとって

 

役立つ情報だったり、マルコーホームの「暮らしの質向上委員会。」を通して、講

 

座を企画したりと、すべての女性のコミュニティをつくれたらなぁ~と思います。

 

 

 

       ☆☆☆

 

いつからか毎日のように、子供への虐待のNewsが流れるようになりましたね。

 

最初は、なんてひどいことを!!と思っていたけど、実際子供をもってほぼワンオ

 

ペ育児(一人で子どもをみる)をしていると、ただお母さんが悪いわけではないよ

 

うに思えました。

 

わたし自身はパワフルなほうで、性格的にもプラス思考であったこともあるからか、

 

何事もなるべくひとりでなんでもがんばろう!とおもってやってきました。

 

例えの一つでは、救急で病院行く時は1人は抱っこ、1人はおんぶで行っていました。

 

それを見てよく「おねーちゃんひとり抱っこしようか?」とか救急にいた具合悪そう

 

なひとによく声をかけられたな~(笑)

 

親も近くにはいたし、妹、弟や、友達、いろんな人に助けてもらいながら、いまはチ

 

ビは来年、小学生。話が分かるようにふたりともなったので、だいぶ育児に関しては

 

楽になりました。

 

私には、そういう環境があったからここまで来たけれど、これが全く知らない土地に

 

きて、友達もいない、親も近くに居ない、子どもが生まれた、旦那が全く見てくれな

 

いとなったら、追い詰まります。だれでもそうなりますよ。

 

親になったからって子どもをあやせてあたりまえじゃないし、思うように育児できる

 

のもあたりまえじゃない。先に産まれた人間なだけであって、子どもからもたくさん

 

育児を通して教わりながら親としても、共に成長していくものなんだと思います。

 

赤ちゃんの様子がちょっと違うだけで、急に不安になったり、夜泣きが続いて気力・

 

体力が限界でも自分を気にしてくれるひとはいない、子どもが外出先でぐずる、相談

 

する人もいない、気にしてくれるひともいないとなると、人は苦しくなったり、精神

 

が崩壊すると思います。

 

子ども虐待ばかりがニュースでは取り上げられていますが、実際は母親が子供と一緒

 

に亡くなる(心中)ことも増えています。理由は、貧困、育児疲れ・・・

 

わたしでさえ、追い詰まった時が何回かあって、子どもは置いて行けないから一緒に

 

って思ったこともあります。

 

だから、虐待は他人事ではなく、環境によっては誰にでも起こりうることだと思いま

 

す。

 

子どもを虐待をする親の特徴のひとつで、いいおかあさんにならないと、いいおとう

 

さんにならないとって思っている人が居るそうです。

 

 

 

いいおかあさんでいるためには、子どもをいい子にしないといけない

 

 

子どもは本来、年齢にもよるけど親が思うようにはしてくれない

 

 

言葉では聞かないから、暴力をふるう

 

 

日常になるとエスカレートしやすい

 

 

 

おかあさんになると、世の中から「おかあさん理想像」みたいなのを押し付けられて

 

いるように思えるときもありますよね~それ以上のことを求められるというか・・・

 

いいおかあさんでいたいのに、結末がこれになってしまったら、悲しいですね。

 

この世の中の人が、少しでも思いやりを持ってくれる人が増えたら悲しいニュースは

 

減ると思うんですよね。

 

それが逆に今は、年配のひとが”近くに保育園がきたら子供の声がうるさい!”という

 

理由で反対する時代です。その反対する方は生まれてすぐ大人だったの?あなたも赤

 

ちゃんで生まれて子供時代があったんじゃないですか!!!と言いたい(笑)

 

追い詰まったときに、人に話せたり、自分を気にしてくれる人が居るだけで人の気持

 

ちって楽になるものです。女の人なら特に。

 

 

長くなってしまいましたが、そんな想いからブログを書いていこうと思いました。

 

内容は、”親子・おかあさん”に関することが多いと思います。

 

お子さんがいない方でも、おかあさんはいるわけで親子関係がない人はいないと思う

 

ので、ぜひ、読んでもらえたらなぁ~と思います。

 

 

 

女の人は何歳になっても笑っていた方が、世の中が明るくなる気がします。

 

これは、男性だとまた違う気がするんです。

 

 

世の中の女性が、毎日笑って過ごせるようにここ香取市の一人として、コツコツでき

 

ることからしていきたいと思います。

 

 

 

 

yoko

 

 

 

ページの先頭へ