家作りに関する情報や、地元のお得な情報などを掲載しております

m-natural 誕生までのSTORY。vol4

ブログカテゴリ: 家づくり

地域密着型工務店、

マルコーホームの小林です。

 

 

 

 

 

m-natural 誕生までのSTORY。

m-natural 誕生までのSTORY。vol.2

m-natural 誕生までのSTORY。vol.3

 

↑ こちらのつづきです。

 

 

 

 

次のステップアップは、2013年。

 

 

 

ご縁があって、

弊社での新築を検討してくださったお施主様が、

なんと、スイス漆喰の外壁のお家を建てたいと!!!!!

 

 

 

その頃には、

スイス漆喰の内装は、何件か施工させていただいていました。

スイス漆喰の施工に明るい、職人さん!左官屋さんとも出会っておりました。

 

 

 

なので、お施主様へは、

「スイス漆喰の外壁の建物を、建てさせていただくための

 準備は万全に整っております。

 しかし、今の私達には、施工例がありません。

 それでも、ご依頼いただけますでしょうか?」

と、正直に話しました。

 

 

 

すると、お施主様のお父様が・・・

「じゃ、うちで経験してみてくださいよ!」

と、笑顔で、仰ってくださったのです!!!!!!

 

 

 

スイス漆喰の外壁の施工例がないにもかかわらず、

建てさせていただくことに決定!しました。

 

 

 

検討していただいている間に、

構造見学会や完成見学会に足をお運びいただきました。

その会場と、弊社自体の様子をご覧になり、

信頼していただけたのかと、

今は、思います。

 

 

 

相手が全力で信頼してくださったのを受け、

こちらも、全力でその信頼にお答えさせていただきました。

 

 

たとえば、

お施主様がお持ちになっていた、

無垢材の天板をどこに使うか・・・ステンドグラスをどこに使うか・・・

階段も無垢材がいい!というご希望、
(↑当時、たまたまいつも取引させていただいている問屋さんに、

  丁度よく、乾ききった材料があったんです♡

  今の時代じゃなくてよかった。)

タイルの厚みや大きさを計算して、絵に書いて・・・寸法を決め、

階段の腰壁を、お施主様のお母様に型紙を書いていただき、

お施主様がもつ、たくさんのご希望に、一つ一つ答えさせていただきました。

 

 

 

外壁・・・

木下地は、これでもか!!!というくらいの期間、乾かしました。

塗り下地も、だいぶ乾かしました!
ご近所さんには、これで仕上がりかも!?と、思われるくらい。

仕上げのスイス漆喰を塗る日は、

ドキドキしながら決定。

 

当時、雨模様の日が多くて、

塗ったその日が晴れていても、次の日が雨だと、

雨で跳ねた泥水が壁について、汚れてしまわないか・・・が、とても心配だったのです。

 

 

 

そして、スイス漆喰を塗った日の夜中・・・

明け方3時頃、雨の音で、目が覚めました。

あ~~~~~降ってる~~~~~。

もう、大丈夫かな?大丈夫かな?
昨日塗って、もう、雨降っちゃっているけど。。。

元気かな?

みたいな感じで、気が気じゃなかったのを覚えています。

 

 

 

夜が明けて、

見に行くと、全く問題なく、すっと建っているお家。

胸をなでおろしたのを、昨日のことのように覚えています。

 

 

 

ドキドキとわくわくの日々が過ぎ、

いよいよ、お引渡しの日の前日、

現場から帰るときに、

あー、もう明日からは、自由にこのお家に入れないんだな。。。

と。

もちろん、無事にお引渡しさせていただいて、

ものすごく、嬉しいのですが、

すごく、寂しいんです。

おかしなことですが、

正直なところ、そんな気持ちでした。

 

 

 

 

そんな、「想いをかたちにした家づくり」

いまだに、お施主様からは、

「願いが全て叶えられました!

 大満足の家です。」

と、おっしゃっていただけます。

 

 

 

また、

あのお家とすっかり同じ家を建てたいです!

と、仰ってくださるお施主様に巡り会うこともできました。

 

 

 

今でも、

あの時の、

お施主様のお父様の一言、忘れられません。

とても感謝しております。

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. マルコーホーム過去ブログ
ページの先頭へ