ブログ

Blog
家作りに関する情報や、地元のお得な情報などを掲載しております

杉の倒木が長期停電の一因?!

ブログカテゴリ: 家づくり, 未分類

皆さん、こんにちは。

 

香取市は停電は解消されたようですが、まだまだ近くの多古町や八街市では停電が

 

続いているようです。

 

今回、停電が多かった場所を見ると比較的、木が多いように思えます。

 

実際、多古町を通ると電線に倒木した木がもたれかかっている箇所を何か所かみま

 

した。

 

今回の長期停電の一因として「杉溝腐れ病」による倒木が原因とも言われ、テレビ

 

でも特集されています。

 

 

 

テレビの特集で、監修したかたのブログより「杉溝腐れ病」についてかいてあるの

 

で、抜粋します。

 

杉 溝腐れ病について:森林行政の怠慢が遠因の災害】

2019年09月13日 | 日記
豊増洋右さんのFB投稿より

停電復旧が長期化しているのは、電力会社の責任というよりも、やはり行政の責任が

大きいと感じる。

今回、おびただしい数の倒木を処理していて、はっきりわかってきたのは、千葉県の

森林における「溝腐れ病」が、災害をここまで深刻にしているということ。そして、
この問題を認識しておきながら、長年放置してきた森林行政、環境行政の怠慢が、電
源復旧をここまで難しくしているということの責任をまだ当事者たちがまったく認識
していないこと。

1枚目の写真。詳しい方はピンとくるかと思いますが、今回の倒木に多い、溝腐れ病

にかかった杉の木。そして2枚目以降、森林の中腹で途中から折れている杉林。強風
によって倒木がおきるなら、ふつうは風当たりの強い道路沿いとか周辺部が、根こそ
ぎ倒れるはずなのに、森林の中央部が、それも木の途中でポキっと折れる形でなぎ倒
されています。これは、間伐をしていない放棄森林で日の当たらない内側ほど木が軟
弱で、風通しが悪いために溝腐れ病が蔓延してしまい木がもろくなっているというこ
と。

これが何故行政の責任なのか?

もともと千葉県の杉林は「山武杉」という銘木でしたが、これらを大量植林するとき

に「挿し木苗」で造林していきました。ところが、この山武杉は溝腐れ病に非常に弱
いことが後からわかり、実生(みしょう)ではなく、クローンである挿し木で増やし
ていったために、千葉県中の森林がことごとく溝腐れ病にかかり、芯が真っ黒で、樹
齢が伸びるにしたがって断面が円形からハート形に食い込んでいく、「材としてまっ
たく価値のない」森林になっていってしまいました。

材として価値がないために、間伐、伐採が数十年間行われず、林業も崩壊し、溝腐れ

病にかかった大量の放棄山林が生じてしまったのが千葉県の山林の現状。

しかしながら都心に近いために投機目的で、あるいは相続登記の際に地元以外の所有

者にこまかく所有が別れてしまい、道路沿いや架線沿いであっても持ち主がはっきり
わからない森だらけになり、管理しようにも管理のしようがない。もちろん、持ち主
、山主は手入れをしないから、けっきょく沿線を管理する市町村や、町会などが、通
行に影響が出る部分だけをかろうじて管理する、という形で、長年維持されてきた。

今回の台風15号は、そうした非常に脆い森林を襲い、各地でおびただしい数の倒木を

生じ、架線修復を長引かせ、停電を長期化させています。これは、電力会社の幹部を呼
びつけて復旧を急がせるだけでは済まないのです。このような危険な森林を放置してき
た、行政の責任。

をまだどの専門家の方も指摘されていないようなので、指摘しておきます。今回の停電

、状況を深刻にしているのは倒木による架線損壊だということがようやく報道されるよ
うになってきましたが、その根本原因が行政にあることにはまだ気づいておられないよ
うです。今回、倒伏はしなかったけれど、今後、ちょっとした風で倒れそうな危険な木
もたくさんあります。それらもいま処理しておかないと、毎回このような大規模停電を
起こすことになりかねません。

僕らは明日も、チェーンソーを持って、とにかく倒木処理にあけくれます。本来は山主

であったり、町会であったりがすべき箇所もたくさんありますが、高齢化の進んだ中山
間地域ではそれは望めません。動ける人間が動くしかないんです。そもそも高齢の山主
さんたちは、この停電を生き抜くだけでせいいっぱい。やれる人間がやるしかないんで
す。

ただ、上記の問題提起と、根本原因の解決は、僕らにはできません。そのために政府と

政治があるんじゃないですか。

という内容なのです。

このブログでも災害前に倒木についての記事を書きましたが・・・

 

 

森林

 

 

災害前から、少しの雨で倒木していた場所はやはり真ん中からポッキリ折れていたり

 

と、また台風があったらもっと倒れてくるんだろうな~という状況です。

 

行政をあてにしないで自分たちの身は自分で守れるようにできないんでしょうか?

 

実際、私がきにしている倒木の場所は、県の土地と私有地が混在している場所で、市

 

としても手を出せないというお返事でした。 

 

この先、温暖化の影響で台風は大きくなるばかりのようなので、これを機に地域にす

 

む方で考えていかなければならない問題のような気がします。

 

まだ、日常生活に戻れない地域もあるので、自分にできることを考えて行動していこ

 

うと思います。

 

また、瓦や被害にあわれたおうちの修理も順次まわっております。

 

すぐに伺えないおうちもありご迷惑をおかけしていますが、もうしばらくお待ちくだ

 

さい。

 

yoko

木を切りすぎると魚がとれなくなる??

ブログカテゴリ: 未分類

こんにちわ~

 

先週見たとき、今日は雨だったのに。

お天気がコロコロかわりますね~

 

 

ふと、木について調べていたら、気になる記事がありました。

 

森の木をきると魚がとれなくなると!!!

でもこれは本当なんだそう。

 

森の木は川や海で暮らす魚の栄養をつくっているそうです。

 

 

地面に落ちた葉を、ダンゴムシなどが食べてふんをして細かくなる、そしてまた、そのふんを

めにみえないほど小さな生物に食べられてふかふかの腐葉土になります。

 

腐葉土は、生物の栄養分になるものをたくさん含んでいるそうです。

 

 

ん?で、なにが魚に関係あるの?と思いますよね?

 

 

森に雨が降ると、その腐葉土の栄養分が地面に染み込んでいきます。そして、地下を通って湧

き水になり、川となります。

 

川に栄養分が流れ、川に住む生物が元気に育ち、さらにこれを食べ物にする魚や生物が増える。

川は海につながりまたその周辺に住む生物も元気になる、生物もふえる。

 

 

 

 

 

 

その逆で、森の木をきると、こんなサイクルがなくなり、魚も取れなくなるというのです。

 

 

この自然のサイクルが今の時代、どんどん壊れていっていますね。

 

人間が楽になる一方で、自然環境は破壊されていく。

 

森の木とは関係なく、欲しい魚を取るのに対し、他の魚をたくさん死なせてしまっている現状。

 

何十年後かには、海の魚がいなくなるとも言われています。

 

 

 

空気があるから、魚がいるから人間は生きていけるのだから、もう少し自然をいたわりながら

共存していかなけらばいけない気がしますね。

 

環境破壊は自分たちや先をいきる子供たちの首をしめてるのとおなじだな~と思います。

 

 

前のブログにも書きましたが、木は切った後も呼吸をしています。

木は組み立てられ、家になります。

家も呼吸しているんですね~

 

木は土にかえることもできます。

 

自然に返れないものでおうちをつくると、体にも、環境にもよくない気がします。

 

 

シックハウスで悩む人もいる時代、おうちづくりをする方にはもっと木の良さやお家づくりに

ついて知ってもらいたいな~と思います。

 

 

 

 

yoko

 

 

 

 

木造は実は火に強い?

ブログカテゴリ: 未分類

おはようございます。

 

皆さん木というとすぐ燃えてしまうと思いませんか?

 

 

 

 

確かに木は燃えます。

 

だけど、燃えることと、住まいの構造体としての耐火持久力が弱いこととは一緒では

 

ない、むしろ、木造よりも燃えにくく強いと思われがちな鉄骨造の方が耐火性能が低

 

いとういうのはしっていますか?

 

薄い木材や細かく砕いたチップを火の中に入れると、すぐに燃えてしまうことは想像

 

がつきますね。

 

だけど、焚き火でいきなり生木の角材や厚板を燃やそうとしてもなかなか火が点きに

 

くいということが分かるように、実は木は簡単に燃えにくいという性質を持っていま

 

す。

 

実際、太い角材を燃やそうとしたとき、表面は焦げて燃えていきますが、燃えた部分

 

が炭となり、炭化層を形成します。これにより、木の内部にまで熱が伝わりにくくな

 

ると同時に燃焼に必要な酸素が内部まで供給されず、燃焼の進行を抑える役割をしま

 

す。柱材など木の中心部まですぐに燃焼してしまうことはほとんどありません。実は

 

本来、木造住宅というのは、万一火災で焼けても、構造の強度そのものはほとんどか

 

わらないことがわかっています。

 

それに、ブラスチックなど、化学物質が含まれる素材が燃えると危険な有毒ガスが発
生しますが、木の場合はそういうことがありません。
そして、木よりも強いと思われている、「鉄骨」。

火に強い素材と考えられている鉄は、木材よりも過熱によって変質するまでの時間が非

 

常に短く、250℃を超えてくると変形が始まり、5分もたたないうちに元の強さの半分ほ

 

どになってしまいます。550℃を超えると強度は急激に低下します。

 

 

 

その点、木材なら20分以上耐えられる性質を持っています。あれだけ頑丈に見える鉄骨造

 

の建物であっても過熱によって構造体がいとも簡単にぐにゃりと折れ曲がり、木造住宅より

 

もはるかに短時間で家屋倒壊の危険性が高まります。

 

一般的に消防士たちの間で「木造住宅よりも鉄骨住宅の方が怖い」と言われるのは、実は

 

こうした背景があるからです。

 

「木が燃えやすい」はそうでもないということがわかりましたね☺
まぁ、なににしても「火事」にしないことが一番ですね。。。
yoko
ページの先頭へ